2009年 11月 24日
夜明けの雲海
f0197319_12313984.jpg
かぶと岩展望所より。


涅槃像の頭上からの朝日でした。
f0197319_12315914.jpg



f0197319_12321898.jpg



f0197319_12324264.jpg
小国郷にもかなりの雲海が発生していました。
その雲海が阿蘇谷の方に流れ込んできます。後ろの山容は九重連山です。
f0197319_12325181.jpg



f0197319_12343850.jpg



f0197319_1233124.jpg


雲海が出る条件の一つに“風”があると思います。これはかなり重要なファクターだと改めて感じました。

この雲海が出た日は“全く寒くない”のです。そう「無風」だったのです。

前回雲海を求めて撮った阿蘇の早朝PHOTOのときは風が強くてかなり寒かったです。
こういう日は雲海が発生する条件を満たしていても風で流されてしまうのでしょう。

ちなみに今日の熊本の地元新聞によると阿蘇平野の気温が0度、山上は6度だったそうです。
この気温の逆転も雲海を生んだ大きな要因の一つでしょう。

--------------------------------------------

ここで僕なりの雲海が出る条件を書いてみます。

①前日、または前々日に雨が降る

②お昼すぎくらいには晴れて夜は星空が見えるくらいの快晴。

③放射冷却
放射冷却とはお昼に太陽で温められた地熱が夜に一気に上空へ向かって放射されること。
放射冷却が起こると放射霧と言われる霧が発生する。これが雲海の元です。
雲海発生時には上空と地表の温度が逆転する(地表より上空が気温が高くなる)

この時に上空に雲があると熱の放射が遮られてしまい放射冷却が起こらないので雲海にはならない。
なので夜の快晴は重要な条件の一つ。
日中と夜との寒暖の差が激しい春や秋が狙い目

④無風であること
※上記に書いてある通りです。


僕は夜明け前の阿蘇に何度も通って雲海が出る条件がようやく分かってきました。
僕の体験が皆さんのお役に立てれば幸いです(^^)
[PR]

by fine88 | 2009-11-24 12:35 | 雲海 | Comments(20)
Commented by photo-rhythm at 2009-11-24 12:49
ヤバイ写真の連続ですね~。
やっぱり思いついた時点で行っとくべきでした(泣)。
土曜日にわざわざ大観峰まで行ったことをバカにしてた嫁も
昨日の写真を見せたら納得してました。
Commented by taka533f at 2009-11-24 15:22
すごい光景ですねぇ~
これだけの条件が揃う日はそんなにないですよ…
熊日にも掲載されてて、きのうのパンチが今ごろ効いてきました(笑)
Commented by ryo00039 at 2009-11-24 15:51
雲の滝ですか。。(^_-)-☆
こんな光景が、目の前に広がるんですよね。
なんだか、高貴な感じがします。うまく言えませんが、
お釈迦様の手のひらの中のイメージです。(By西遊記)
Commented by 1969lost_found at 2009-11-24 18:24
5枚目はまるで雲が流れる滝のようなスケールの大きい写真ですね。
ネイチャーフォトは気象条件との戦いだと思いますが、予想してとらえた
ときの感慨はひとしおでしょうね。
ぜひまた素晴らしい風景を見せてください!

Commented by asogasuki at 2009-11-24 21:10
こんばんは、これは23日の雲海でしょうか
前日から予感していて、撮りに行くつもりでいたら、早く起きすぎて、二度寝して、起きたら10時を回っていました
不覚です
Commented by tochi0150 at 2009-11-24 22:47
こんばんは
見事ですね、1枚目色合いがなんとも好きですね
こちらは京都や奈良など、どうしてもそういう場所に行ってしまいますが
こういう自然を満喫できる所も開拓しないといけないなぁ
いや本当に気持ちよさそうです
Commented by bernardbuffet at 2009-11-24 22:52
陽が射してくると雲海もダイナミックに表情を変えて壮観ですね!
Commented by pierre1228 at 2009-11-24 22:53
こんばんは
もう素晴らし過ぎですよ♪
待ちにまった雲海は最高だったんじゃないですか。
こんな写真見てしまうと、寒さなんか関係なしに見に行きたくなります。
Commented by fine88 at 2009-11-25 00:44
>photo-rhythmさん
こんばんは(^-^)
9月から行き始めて7回ほど行きましたけど、行かないで後悔するなら行って後悔した方がいいと思って通いました(^_^;)
何も撮らないで帰ったりガソリン代もかかったりで大変なことはありますが、一度見るとまた見たくなりますね(^_^;)
昨年は12月10日にもかなりの大雲海が出ています。またチャンスはあるはずですっ(^^ゞ
Commented by fine88 at 2009-11-25 00:49
>taka533fさん
こんばんは(^-^)
熊日に載ってましたね~(^^ゞ
よほど条件が良い日だったのでしょうね。
一度見るとまた見たくなります。それと3分の1は水平がとれていませんでした(^_^;)
また条件が良い日に行ってみます(^^ゞ
Commented by fine88 at 2009-11-25 00:53
>ryo00039さん
こんばんは(^-^)
実際に雲海を目の前にすると、なんか不思議な感じなんです。
なんかこちらまでフワフワした感じになってしまいました。
雲海の滝もすごく神々しい光景でした。
Commented by fine88 at 2009-11-25 01:00
>1969lost_foundさん
こんばんは(^-^)
そうですね、ネイチャーフォトは大自然の営みを撮るのでなかなか思うようにはいきませんけど、ときには素晴らしい表情を見せてくれますね(^^ゞ
同じ道を何回も通うわけですから飽きない工夫も大事ですね(笑)
また機会があれば行ってみたいと思いますo(^o^)o
Commented by fine88 at 2009-11-25 01:03
>asogasukiさん
こんばんは(^-^)
はい、23日の雲海です。
やはり皆さん予感はされてたんですね。
僕は朝起きてから霧が無くなってので行くかどうかしばし考えましたが行って良かったです。
Commented by fine88 at 2009-11-25 01:11
>tochi0150さん
こんばんは(^-^)
1枚目はEF-S10-22の逆光耐性と色のりに助けられてますね(^^ゞ
実はEF-S10-22はあまり逆光に強いイメージはないのですが、真っ正面からの逆光には強いですね~。
僕にしてみれば京都が近いのがかなり羨ましいですよ~(^^ゞ
こちらは自然は豊かなのでそれを活かしていきたいですね♪
Commented by fine88 at 2009-11-25 01:16
>bernardbuffetさん
こんばんは(^-^)
阿蘇の雲海は日が昇るとモロに逆光なので撮る時間帯に限りがありますが、
朝日が放つ光に照らされた雲海もきれいだな~と思いました(^^ゞ
Commented by fine88 at 2009-11-25 01:23
>pierre1228さん
こんばんは(^-^)
ありがとうございます(^^ゞ
やっと雲海に会えました。
阿蘇まで来て雲海が出てなくてもそれを楽しんだのが良かったのかもしれません。
まだ出る機会があると思いますので行ってみようと思います(^^ゞ
Commented by keitatsuruoka at 2009-11-25 14:03
亀レスですが・・・
やっぱりこの雲海は凄すぎですね!この世じゃないようにみえます!一枚目なんかA3位に大きくプリントしてお部屋に飾ったらいかがでしょうか!?
雲海に出会うためには多少なりとも勉強しておくと出会える可能性が増えるかもしれませんね~!
しかし本当にお見事な写真ですね~!見とれます('ω'*)
Commented by fine88 at 2009-11-25 14:35
>keitatsuruokaさん
こんにちは(^^)
1枚目は場所を変えて到着してすぐ撮りました。
これ以上日が昇ってしまうと逆光過ぎて駄目だったかもしれません^^;
そういう意味ではロケハンも大事ですね~ホントにギリギリでした。
そうですね、プリントしたいと思います♪
Commented by gon5on at 2009-11-25 19:44
すごい!よかったですね~~
僕も感無量に浸りたい(笑)
いろんな条件があるんですね、難しいな~
23日ですか、釣りなんか行ってる場合じゃなかったっす(笑)
雲海、おめでとうございます^^
Commented by fine88 at 2009-11-26 01:55
>gon5onさん
こんばんは(^-^)
ありがとうございます(^^ゞ
待ちに待った雲海だったので嬉しかったですね~♪
条件は色々ありそうですが通ううちに傾向はだいぶ掴めてきました(^^ゞ
雲海が出ると確信があれば皆さんにも声かけできるのですが、今のところ打率2割以下なので信用性はないですね(笑)

まだ見れるかもしれないので機会があれば行ってみます(^^ゞ


<< 石橋とイチョウの恋      やっと逢えました・・・。 >>


ezカウンター