2009年 12月 09日
登山レポート~由布岳 その2
東峰をあとにして次は西峰に向かいます。
東峰から見た西峰の痩せた尾根
f0197319_17255021.jpg


f0197319_1636996.jpg
西峰は東峰に比べて難易度が上がります。

実際、この日も半分くらいの人は東峰だけ登頂して帰られてました。

f0197319_16392014.jpg
f0197319_16393165.jpg
ちょうど先行していたご夫婦が鎖場のところを通過していたので参考に見ていました。
(旦那さんは下でサポートしていました)
いわゆる“カニのヨコバイ”的な難所があるようです。

東峰から一旦マタエに下りて西峰に向かいます。
f0197319_16423587.jpg
最初の鎖場ですが、鎖は使わずに手足で登れます(下山時は使いました)

先ほどご夫婦の奥さんが通過していた鎖場です。実はここに上がるまでも細い岩場の鎖場があります。
f0197319_164401.jpg
下は切れ落ちていて一見難しそうですが、
足場はちゃんと靴を乗せれるだけのスペースはあり、鎖も頑丈なので不安なく通過できます。

鎖場を通過すると更に岩場の痩せた尾根を登ります。
通ってきた尾根を振り返って。
f0197319_16472884.jpg


そして西峰山頂です。
f0197319_17261271.jpg


西峰から東峰を。
f0197319_16491096.jpg


今回の由布岳登山で僕は脚を攣ってしまいました^^;
もっとしっかり体調管理しなくてはいけません。
反省点は、登り始めてから大量の汗をかいたのにも関わらず、水分を充分に摂らなかったこと。
ストレッチはもっともっと入念に、休憩はこまめに充分にマイペースで、この基本が守れていませんでした。

今回の経験をもとに、もっともっと真摯な態度で山に登らせてもらおう、と誓いました。
[PR]

by fine88 | 2009-12-09 17:15 | 登山の写真(山の風景) | Comments(33)
Commented by bernardbuffet at 2009-12-09 20:04
大変な経験をされたのですね。ともかく無事下山できてなによりでした。鎖場、写真で見るととても恐ろしいところですね。足がすくみそうな気がします。
Commented by asogasuki at 2009-12-09 21:05
由布岳は横を時々通過しますが、見た目にはそんなに厳しいところには見えません
しかし、この写真を見る限り、ぼくはパスします
以前冬の由布岳登山を中継していましたけど、とても九州の山には見えませんでした
Commented by 1969lost_found at 2009-12-09 21:13
足の痙攣は、私もとあるスポーツで苦しみました。
足がつって、それが腹筋に来た時は死ぬかと思いました。(まれに心臓が止まってしまうケースもあるらしいです)
それ以来、足を酷使するスポーツでは芍薬甘草湯が欠かせなくなりました。それを飲んでいると気分的にも
安心でき、痙攣がすくなくなったように感じます。メンタル的な要素も大きいみたいですね。
Commented by fine88 at 2009-12-09 22:58
>bernardbuffetさん
こんばんは(^-^)
本当に無事に下山できたときは下ろしてくれた山に感謝しました。
鎖場は遠くから見ていると危なそうですけど取り付いてみると安心して行けます。
でも下に町並みが見える分、高度感はありますね(^_^;)
Commented by fine88 at 2009-12-09 23:01
>asogasukiさん
こんばんは(^-^)
僕も今まで由布岳の前の道は何回か通っているのですが、あまり印象がなかったのですよ。
それだけ当時は風景なんて見てなかったんでしょうね。
登ってみるとなかなかハードな山でした、標高差があるのできつかったです(^_^;)
Commented by keitatsuruoka at 2009-12-09 23:05
こんばんは!やっぱ慣れてきたときが一番危ないって言いますもんね~!
fine88さんはちゃんと今回の反省点が分かっていらっしゃるので、きっと大丈夫でしょうね~!こういう内容も登山される方には、とても参考になったと思います!これからも安全に気を付けて登山して下さいね~!
Commented by fine88 at 2009-12-09 23:09
>1969lost_foundさん
こんばんは(^-^)
1969lost_foundさんも経験あるのですね(^_^;)
そうです、足がつり出したら腹筋にもきます(汗)
僕は今回そこから背中~腕ときてしまいました。
しかし稀に心臓もですか・・・そう考えると怖いですね(^_^;)
>芍薬甘草湯
なるほど、これはいいことを聞きました、ありがとうございます。
僕は学生の頃は毎試合予防でテーピングをしていました。
いつしか大丈夫になっていたのですがね~(汗)まさか今回くるとは思いませんでした。
メンタルは僕も大きいと思います。今回は緊張感も加味されたのではと自分でも思ってます。
Commented by fine88 at 2009-12-09 23:14
>keitatsuruokaさん
こんばんは(^-^)
ありがとうございます、そう言って頂けると救われます(^_^;)
自分てきにはとにかく下山しなきゃ下山しなきゃって考えすぎたように思います。
もっと時間に余裕を持って、冷静でなければいけませんね(^_^;)
失敗がシャレにならない事故にも繋がりますから今後に生かして行きたいと思います。
Commented by J-マッチ at 2009-12-09 23:37 x
由布岳って、そんな難所があるのですか?

よかったですね。遭難しなくて・・・
僕は、若い時にウィンドサーフィンをやっていて、肉離れを起こしたことがありました。
その時はセールは捨てて、パドリンク゜(ボードの上で腹ばいになり、手で漕ぐこと)で帰ってきました。
しかし、山で歩けなくなるなの怖いですわ~
Commented by tamama-sexy1029 at 2009-12-10 00:23
お久しぶりです~~
山登りを精力的にされてますね、僕は無理ですけど・・w
でも一度いってみたいなぁ、夜に(*´д`*) 星が綺麗なんでしょうね~~
Commented by fine88 at 2009-12-10 01:09
>Jマッチさん
こんばんは(^-^)
今回のは自分の不備が招いた失敗です(^_^;)下山には2時間はかかるのでとにかく怖かったです。
しかし海も怖いですね、僕は海は苦手なので(^_^;)海で足がつったら間違いなくパニックでしょう(汗)
でもウインドサーフィンっていいですね。
Commented by fine88 at 2009-12-10 01:13
>tamama-sexy1029さん
こんばんは(^-^)
はい、相変わらず登ってます。
しかしちょっと考えを改めなければいけません(^_^;)
星景は僕も機会をみつけてトライしてみたいです。
Commented by cantam at 2009-12-10 06:13
こりゃ怖そうな山ですね、高度を感じます。
こむら返りは、ご存知でしょうけどかなり危険ですよね、
私恥ずかしながら、河川敷のフラットなゴルフ場で、両足つりました。
バンカーから出て行けませんで、えらい困ったことがあります。

場所が場所だけに、笑い事ですみましたが・・・(^^)
Commented by smartbrain-inc at 2009-12-10 09:34
鎖を伝って・・・って想像しただけでも大変そうですね。私もオーストラリアのエアーズロックを登ったとき、一部が鎖を伝って上り下りする場所がありました。ガイドさん曰く、何人かは滑落して死んだ人がいると聞いて、手に力が入りましたよ。それにしてもそんな場所で写真撮るなんて、余裕がある証拠では?(笑)
Commented by taka at 2009-12-10 11:08 x
私も山頂を目の前にして脹脛が攣ったことがあります。
山に登り始めて一年くらい経ったときでしょうか… 半端な自信があったのでしょうネ。
下山は生きた心地がしなかったのを昨日のことにように思い出しました。
それからは充分過ぎる準備運動と亀ペースを心がけています。
それから、ちょっとでも異常を感じたら「途中でも引き返す」 この勇気も必要ですよ…
Commented by MOMO at 2009-12-10 11:54 x
こんにちは。
由布岳ってこんな風になっているのですか・・・・・私には到底無理な所のようです。鎖の綱渡りは頼まれても嫌ですね(笑い)
足のコムラ返りは大変ですd(^-^)ネ!でも、若いって証拠です。足のケイレンは休んで暖めるしかないですね。そっとして置かないとあらゆる所が痙攣してきます。薬屋にケイレンを抑える薬が有るようですd(^-^)ネ!私は引き返しました。
<(_ _*)>有り難うございました。
Commented by photo-rhythm at 2009-12-10 12:41
なるほど、そういう大変なことがあってたんですね~。
無事下山されててなによりです。
しかし、鎖場ってちょっと怖いですね~。
fine88さんはこういうシチュエーションの高いところは大丈夫なんですか。
Commented by ryo00039 at 2009-12-10 13:35
大変な思いをされましたね。
水分補給の大切さを改めて感じました。
今後も気をつけて楽しんでくださいね。。。

しかし、ホントきれいなところですね。
山に惹かれるのがわかる気がします。。(^_-)-☆
Commented by gon5on at 2009-12-10 18:35
やっぱり由布岳いいですね~
ご一緒出来なくてすみませんでした。
今度は是非同行させてください。
今度登る時は、スタート時から水分の摂り過ぎでお腹がグルグルなって下山。。。
というふうにならないように気をつけなければいけませんね(笑)
それにしても、どれも全てとても迫力のある写真ですね!
見てて興奮してきます。
fineさんらしい撮り方ですよね^^v
お見事です。
あの日は曇りでしたが、曇ってても素敵な空なんですよね~
やっぱり山はどんな天気でも素晴らしいですね。
Commented by fine88 at 2009-12-10 22:32
>cantamさん
こんばんは(^-^)
山頂から町並みが見えるので高度感はありますね(^_^;)
完全にこむら返りになってしまっていたら下山は無理だったかもしれません。そう思うと怖いです(汗)
自分でも色々調べましたがこむら返りは年齢、経験関係なくその日の体調でなったりするそうです(^_^;)
ゴルフもかなり歩きますから知らぬ間に足に負担がかかっていたのでしょうね。
Commented by fine88 at 2009-12-10 22:38
>smartbrain-incさん
こんばんは(^-^)
エアーズロックも鎖場があるのですね、初めて知りました。
滑落する場所など緊張感があれば事故は少ないみたいですが、気を抜いたときに事故は起きているようですね(^_^;)
写真はまだ登りだったので大丈夫でしたが、帰りは写真はゼロです~(汗)
今回のを教訓にしなければいけませんね(^_^;)
Commented by fine88 at 2009-12-10 22:45
>takaさん
こんばんは(^-^)
takaさんも同じような経験があるのですね(^_^;)
いや本当に生きた心地がしませんでした(汗)
完全に攣ってしまっていたらその日のうちに下山できたかどうか、と思うと怖かったです。
ガイドブックのコースタイムより少しでも早く、などという考えは捨てます。本当に勘違いでした。
そう言う意味ではすごくためになった山行でした。
体調によっては引き返す勇気も必要ですね、ありがとうございます!
Commented by fine88 at 2009-12-10 22:52
>MOMOさん
こんばんは(^-^)
由布岳は東峰と西峰とではかなり違いますね~。
鎖場は見た目より実際に取り付いてみると大丈夫ですよ(^^ゞ
こむら返りは本当に怖いですね(汗)ドキドキしました。
温めるためにカイロもザックのなかに入れなければいけませんね。
そうなんです、一か所攣るとあらゆるところが痙攣してくるんですよね(^_^;)
薬屋さんにこむら返りの薬があるのですね( ..)φ情報ありがとうございます。
日頃のトレーニングと食生活も見直したいと思います。
Commented by fine88 at 2009-12-10 22:56
>photo-rhythmさん
こんばんは(^-^)
ありがとうございます、本当に無事に下山できたときは山に感謝しました(^_^;)
岩場では下を見る余裕がなかったっていうのが正直なところですね~(^_^;)
高所は苦手なんですが、山からの風景だと比較的大丈夫みたいです。
橋は駄目ですけど(汗)
Commented by fine88 at 2009-12-10 23:01
>ryo00039さん
こんばんは(^-^)
ありがとうございます、本当に無事に下山できて良かったです(^_^;)
今回の経験を糧にしたいと思います。
しかし無事に下山できたからいいものを、もし完全に痙攣していたらと思うと自分の甘さが悔しくてしょうがないです(汗)
山から見た風景はやはり格別です。これが見たくて登っているのでしょうね。
だからこそ楽しく登らなければいけませんね(^_^;)
Commented by fine88 at 2009-12-10 23:11
>gon5onさん
こんばんは(^-^)
由布岳、思ってたよりもきつかったですね(^_^;)
標高差もありますし、ず~と登りっていうのは精神的にもきついですね(^_^;)
水分の摂りすぎでグルグルっていうのありえる話ですね~バランスが難しいですよね(汗)
写真褒めて頂きありがとうございます(^^ゞ
どうしたら迫力と臨場感がでるのか考えています。望遠で撮るのもいいですね(^^ゞ
山頂からは水辺線が見えましたが海なのか陸なのかわかりませんでした(笑)
由布岳、できれば近々もう1回登りたいので行くときは是非お誘い下さい!
今度は山頂でゆっくり風景を見たり撮影してみたいです。
Commented by 1059 at 2009-12-11 15:43 x
こちらではお初です(^ ^)
登ってますねー。素晴らしい景色、いつも楽しませてもらってます。

山って、慢心を戒めてくれるような不思議な体験をさせてくれますよね。
けれどそれは、準備と知識である程度回避できると思います。
決して無理をしてはいけない、常にもしものことを想定して準備は怠りなく。
この時期なら特に、万が一ビバークすることになっても、無事帰ってこられる装備が必須かな。
そういったことを考えるのもまた楽し、なんですよね。

この経験を糧にして、今まで以上に山を楽しめるんじゃないでしょうか。
「山はイイ!」でまちがってないですよ(^ ^)
Commented by fine88 at 2009-12-11 17:00
>1059さん
おお!1059さん!コメントありがとうございます~(TωT)嬉しいです。

はい、登ってます~^^
そうなんですよ、今回の僕はまさに「慢心」でした^^;
まさか自分が足が痙攣するなんて思いもしませんでした(汗)
準備と知識、本当に大事だということを身に染みてわかりました。
ビバークの装備は皆無なので、やはり持っておきたいところですね。
うちの事業仕分けによりその予算が捻出できるかにかかってきます。
本当に今回の経験を糧にして今後に役立てていきたいと思います!
山はイイ!ですよね。1059さんからも沢山のことを学びました。
これからもどうぞ宜しくお願い致します!
Commented by takep at 2009-12-12 08:46 x
経験談を読んで私は挑戦をやめます。(*≧m≦*)ププッ元から登る気はありませんでしたが。

冗談はさておき無事の帰還良かったですね。
水分補給やはり大事ですね。

私も実家へ帰る途中で高速道路上から眺めていますが、凄いところですね。鎖の辺り私は足が竦んで進めそうもありません。
Commented by fine88 at 2009-12-12 13:06
>takepさん
こんにちは(^^)
僕の経験は無知が招いたものですので~^^;
いや~ほんと無事に下山できて良かったです(汗)水分補給は大事ですね。
由布岳は遠くから見ると「本当に登れるんかいな?」って感じですが、山頂からの風景は格別です♪
Commented by mimi at 2009-12-20 21:58 x
すごいところに登られたんですね。
無事に下山できて、本当によかったです。
それにしても、素晴らしい景色ですね。
頑張ったご褒美みたいなお写真になりましたね、
感動しました。
Commented by fine88 at 2009-12-22 12:36
>mimiさん
こんにちは(^^)
本当に無事に下山できてホッとしました^^;
自分の甘さが身に染みましたねぇ・・・。
天気も良くて景色は素晴らしかったです^^こういう景色を見れると登った甲斐があったなぁと実感でます^^
Commented by shiho at 2010-01-09 14:27 x
すごいねー!


<< 瀬の本高原と涅槃像(ねはんぞう)      登山レポート~由布岳 その1 >>


ezカウンター