2010年 10月 13日
大崩山登山レポート
f0197319_14472819.jpg
【徒渉点より見上げる小積ダキ】

日曜日に行ってきた大崩山登山レポートをアップしようと思います。

今回はコンデジ(Canon IXY200F)を持って行ったので道中はほとんどコンデジでの写真になります。


f0197319_1541053.jpg

登山道に着いたのは朝7時半でしたがすでに沢山の登山者の車がありました。

f0197319_1543166.jpg
祝子川登山口の手前にある美人の湯の第二駐車場にもテントが数張りありました。もう皆さんもぬけの殻のようでした。

7時40分、祝子川登山口より登山開始です。
f0197319_1581757.jpg
f0197319_1583160.jpg
登山口にある案内図。
わく塚コース~坊主尾根コースと岩峰群を1周するコースが人気のようです。
しかし坊主尾根は梯子が連続する超難コースのようです。

f0197319_1510302.jpg

最初からなかなかの傾斜ある登山道を進みます。まずは大崩山荘を目指します。
f0197319_15104633.jpg
いきなり梯子場。


f0197319_1511289.jpg
大崩山荘に着きました。かなり綺麗な山荘です。
f0197319_1515553.jpg


f0197319_15111990.jpg

ここは坊主尾根コースとの分岐にもなります。
周回コースだとここに戻ってくるわけですね。

わく塚コースに行くのでここから右に行きます。

f0197319_15184010.jpg
今度はロープ場登場^^;もちろん下は切れ落ちてますので落ちたら・・・(汗)
f0197319_15185566.jpg
振り返って。



ここから更に進みようやくわく塚コースへの徒渉点へ到着。
橋を渡って進みます。
f0197319_15191362.jpg

f0197319_15223961.jpg
かなり頑丈な橋なので安心です。

実はこの橋を渡ってすぐに登山道が分からなくなりました・・・。
本当は涸れた沢にそって登っていくのですが、僕は何故か森の中へ。
踏み跡もあるしこのルートらしきところを登ってた画像をネットで見かけたことがある気がして。
そのまま木の枝に掴まりながらゴイゴイ急坂を登って行きますが、大きな岩を巻いたところで踏み跡も消え、「これは無理でしょ」っていう急斜面が目の前に。
そう、僕はここで間違い気付きました(汗)恐る恐る登ってきたルートをお尻を滑らせながらなんと降下し元の橋を渡り終えた場所に帰還。時間にして30分は彷徨ってました・・・(汗)
この時点で心が折れかけていたのは内緒です^^;
皆さんもお気を付け下さい!

そこからは小さな沢を何回も渡り、急峻な登山道をハシゴ、ロープの助けを借りてグングン標高を上げて行きます。
f0197319_1527519.jpg


f0197319_1528766.jpg


f0197319_15282352.jpg
とにかく大崩山の傾斜角は凄いです。
まさにアスレチックな登山道ですね。



そしてようやく袖ダキ展望所へ到着・・・。
樹林帯の中から一気に視界がドン!と開けます。
f0197319_1533698.jpg


f0197319_153323100.jpg


f0197319_15334652.jpg


f0197319_15335891.jpg


f0197319_1535426.jpg
上ワク塚かな?人が登っていますね~。
僕も次回は!・・・って高所恐怖症な僕に登れるかは疑問です。

とにかくこの袖ダキ展望所だけでもすごい高度感!!!
f0197319_15363297.jpg
袖ダキの大岩からは谷底が丸見え・・・(汗)
f0197319_1536457.jpg

この方みたいに縁まで行く勇気なんてありません(笑)立ち上がるとクラクラします^^;
f0197319_15365593.jpg


この袖ダキまで道迷いも含めて2時間30分かかりました。普通なら2時間でしょうか。
本当はここから下わく塚~中わく塚~上わく塚と岩峰を渡り歩くコースに行きたかったのですが、
今回は無理をせずに袖ダキをピストンすることにしました。

袖ダキから下わく塚に向かうルートをちょっとだけ歩いてみました。
f0197319_1541917.jpg

ここから大崩山の魅力満載のコースなんです。

袖ダキで20分休憩して、2時間かけて下山、無事登山口に帰ってくることができました。
ちなみに下山途中にマムシに遭遇しました^^;思わず大声でました。


さて、今回は大崩山の3分の1くらいしか味わうことが出来ませんでしたが、
憧れていた岩峰をカメラに収めることができて満足でした。
また機会があればチャレンジしたいと思います^^


-----------------------------

さて、大崩山は登るのも大変な山ですが、登山口までのアプローチも難解な山でもあります。

熊本からだと高森~高千穂~延岡~と行きまして、更に延岡から登山口まで1時間かかります。
この行程だと3時間半~4時間はかかると思います。

しかし今回、大崩山で知り合った方(山口県から来られてた)に大分の竹田市を経由するルートを教えて頂きました。

そうなると、熊本からだと
熊本~阿蘇~竹田~と国道57号を進み、竹田から豊後大野市に向かいます(国道502)
竹田からは豊後大野市までは原尻の滝や白水ダム、岡城跡、と名所の近くを通ります。
502をひたすら進み三重町から326号へ右折します。※三国街道と名前がついているようです。
326を宇目へと進み、宇目を過ぎて暫く走ると右手に「大崩山・祝子川温泉」の大きな看板が現れます。
看板がある地区は下赤と言うらしく、そこを右折して上赤地区を通り更に進むと祝子川温泉・美人の湯のすぐ手前に出てきます。
326から右折して祝子川温泉までは30分くらいで着きます(この道は落石注意)

帰りはこのルートを行きましたが、高千穂を通るよりも30分くらいは短縮できそうです。
何より道はほぼまっすぐなので分かりやすいと思います^^

福岡方面からも竹田を目印に来れば大丈夫だと思います。

参考になれば幸いです。
[PR]

by fine88 | 2010-10-13 15:52 | 登山の写真(山の風景) | Comments(8)
Commented by photo-rhythm at 2010-10-14 11:44
山頂付近はもちろんですけど、登山ルートもなかなか厳しそうですね。
こういう写真を見てると、やはり山頂からの眺めや登山の道中の写真を撮ることが楽しみなってきますね。
平地でのトレーニング頑張りま~す。
Commented by fine88 at 2010-10-14 13:16
>photo-rhythmさん
こんにちは(^^)
いつもそうなんですが、樹林帯は精神的にきついんですよね^^;
単独だととても心細いですし、メンタルが体力に与える影響は大きいなと改めて実感しました。
数人のパーティで登ると疲れが全然違うんですよ。
でも楽しさをとるか、単独の自由をとるか、それぞれ良いところがあります^^

道中は写真撮りながら行くと楽しいですよ^^
一眼レフを一回一回ザックから出すのは手間ですから今回はコンデジでパシャパシャと。
こうなるとS95あたりが欲しくなりますね^^

登山の本などでも道中を如何に楽しむか、が疲れないコツだと書いてありますね。
トレーニング頑張ってくださ~い♪
Commented by gon5on at 2010-10-14 14:02
いや~お疲れ様でした。
すごい岩ですね!
高いところはマジで苦手です(笑)
もちろん行ってみたいとは思うのですが、ちと遠い・・
泊まりで行くしかないですね。
レポートありがとうございました。
やっぱりこういうところは誰かと一緒じゃないと寂しいですわ~
今度一緒に(笑)

Commented by shin75268 at 2010-10-14 22:55
ご無沙汰です。お疲れ様でした~

とにかく一度行ってみたいんですがウチからだと片道5時間超コースなんですよね~
三日間丸々フリーとかだったら間違いなく行けるんですがね~

レポート参考になります。ありがとうございました。
Commented by fine88 at 2010-10-15 01:31
>gon5onさん
こんばんは(^-^)
大崩山は遠いですね(^_^;)
手前の駐車場にテント泊するのも定番のようですよ(^^ゞ
あとは大崩山荘の周りにも何張りかテントがありました。
展望所までくれば圧倒的な高度感が待ってますよ~(笑)
やはりパーティ組んでいくと山行も楽しくできそうですね(^^ゞいつかご一緒しましょう!
Commented by fine88 at 2010-10-15 01:37
>shin75268さん
こんばんは(^-^)
大崩山はshin75268さんに教えてもらった山ですよね(^^ゞ
あれから自分でも色々と調べてやっと今回来ることができました。

登山口までのアクセスは時間がかかりますよね(^_^;)
僕も結局仕事が終わってから寝ずに登ったのでさすがにヘロヘロでした(^_^;)
こんな無茶な計画はダメですよね(汗)
shin75268さんがおっしゃる通り3日くらいゆっくりした計画で登りたい山ですよね。
レポートが参考になれば幸いです(^_^;)
Commented by cantam at 2010-10-16 00:48
なかなかハードな山行ですね、
こういうのは上りより下りのほうが危険だと思ってますが、どうでした?
Commented by fine88 at 2010-10-16 01:06
>cantamさん
こんばんは(^-^)
おっしゃる通り下山は大変でした(汗)
足は登りで攣りかけていたのに下山中に木の根っこに足を挟み完全に攣ってしまいました(^_^;)
あとは下りの長いロープに体を降られて腰を強打、
濡れた岩肌では何度も何度もずり落ちて焦りました・・・。
本当は周回する予定だったので登りのルートは使わないはずでしたが、足が悲鳴をあげて周回は諦めて結局ピストンすることに。
そのときに「このコースを下山に使うのか・・・?」とちょっとめげそうになりました。
しかし意外と冷静だったのが良かったです。時間はたっぷりあったのが幸いでした。


<< スタンド・バイ・ミー      憧れの岩峰、大崩山 >>


ezカウンター