2010年 10月 20日
大船山紅葉登山
f0197319_1522311.jpg


f0197319_13261960.jpg

17日、大船山紅葉登山の写真をアップしたいと思います^^

大船山は昨年、吉部~坊がつる~段原~大船山山頂のルートでいきましたが、往復で6時間の山行でした。

そこで今年は大船山の東尾根を登る今水登山口から登ることにしました。
色んなレポを見てると大船山山頂までは最短で行けるルートのようです。

しかし、なんと今水登山口から大船山山頂までは標高差が約1000m。
※今水の標高は816m、大船山山頂は1786m

登山をしていると標高差で大体のきつさは分かりますが、さぁこの標高差1000mは如何に?


朝9時とちょっと遅めのスタートとなったため、今水登山口には30台ほどの車が停まってました。
やはり人気のルートのようですね。

ちなみに今回はコンデジを忘れたため、道中の写真はありません(^^;)



今水登山口からは暫くジグザグの登山道を登って行きます。
大船山山頂まではほぼ樹林帯の中を行きますが、これが凄く気持ちが良い森林ばかりで凄く癒されます。
樹林帯にありがちな閉塞感はほとんどありません。
傾斜はもちろんありますが、気持ちが良い山歩きが出来ます。
f0197319_133505.jpg
登山口から1時間ほど登ると開けた場所に出ます。そして右手に黒岳がドーンと見えてきます。
黒岳の紅葉のピークはもうちょっと先のようですね。
この黒岳(1587m)が標高の目安になります。登るにつれてどんどん黒岳と目線が同じになってきます。


f0197319_13405950.jpg
中盤からはまた樹林帯に入りますが、傾斜が一気に増してきます^^;
しかしこの日は天気も良く、大気の層がクッキリ見えます!
僕はこの美しいラインが大好きです。

f0197319_13411247.jpg
黒岳(高塚山かな)越しに見る由布岳。さすがの存在感です。

そして山頂までの最後の40分はとにかく凄い傾斜になります。
木に掴まり体を持ち上げながらグングン標高を上げます。きついところです。
きついところですが、すれ違う登山者と談笑すると疲れが癒えます。


そしてやっと平地にたどり着くと、歓声や人の声が次々に聞こえてきます。
f0197319_1347348.jpg
山頂にすんごい人が見えます(笑)やっぱり紅葉の大船山は大人気ですね。



f0197319_1403633.jpg
そこから更に進むと、御池の右に飛び出てきました。
この時点で紅葉を初めて確認した訳ですが、一言「凄い!」です。

f0197319_13541038.jpg
御池の畔にはすでに沢山の登山者が見えます^^


f0197319_1639393.jpg
そして大船山山頂に到着です。登山口から2時間20分でした。

想像以上の人出にビックリです。

f0197319_1355368.jpg


f0197319_13551723.jpg
この日は久住山、中岳方面も綺麗に見えていました^^


すぐに御池に下ります。
f0197319_13573416.jpg
すでに御池の畔は宴会場と化していました(笑)
色んな調理器具を使って良い匂いがしてきます(笑)


f0197319_13585999.jpg
御池の畔から。まさに日本庭園ですよね。

f0197319_13593693.jpg
写真は8GBのメモリーカードがすぐに一杯になるくらい撮りました。
そして山頂で1時間ほど昼食などでまったりした後、下山しました。


下山は1時間20分で登山口に到着しました^^;
間違いなく最短ルートでしょう。


さて、今回初めて東尾根ルートを登って感想ですが、平地は少しありますがほぼ登り一辺倒です。
前半~中盤は一般的な傾斜ですが、後半~山頂にかけて傾斜はドンドンきつくなります。

正直なところ標高差1000mほどのきつさは感じませんでしたが、
やはり下山の時に登りのルートを下っていると「良くこんな長い道のり登ってきたな~」と感心します^^;


昨年の吉部~大船山のルートとの比較ですが、微妙なところですね。
吉部登山口~坊がつる~までだと比較的穏やかな登りです。坊がつるに着くと暫くは平地ですし。
あとは坊がつる~段原~大船山山頂までの急登(これがきつい、汗)さえクリアできればこちらの方が登りやすいルートかもしれません。
メリハリが利いていると言えば坊がつるを経由するルートがいいでしょう。
東尾根はひたすら登り一辺倒です。
しかし東尾根の良いところは気持ちが良い森林と登山道の柔らかさでしょう^^
落ち葉のフカフカの登山道は足の疲れを軽減してくれます。
その点、坊がつる~段原は浮石が多いガレた登山道になります(特に後半)
まぁどちらにしてもゆっくり楽しみながら登るのが良いでしょう^^


時間を比較すると
吉部~坊がつる~大船山、だと2時間40分。
今水~大船山、だと2時間20分。
※あくまでの僕の場合ですので参考まで^^;

この日は睡眠をたっぷりとって山行に臨んだので体調も足もバッチリ快調でした(^^)v
やっぱり体調管理は大事ですね。



【撮影機材】
EOS kissX4
EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS
[PR]

by fine88 | 2010-10-20 14:02 | 登山の写真(山の風景) | Comments(14)
Commented by bernardbuffet at 2010-10-20 19:28
1枚目、ホッとする美しさですね。静かな湖面とそれを取り巻く紅葉、ぼんやりと見渡せる遠景。絵の中に水があると和みのある印象になりますね。
Commented by pierre1228 at 2010-10-20 20:15
またまた圧倒的な紅葉ですね
見事に雰囲気を捉えていて流石です
この光景を見るためだったら、ちょっとの辛さは我慢できますね
今週末・・・・無理か?
Commented by hot_coke at 2010-10-20 21:09
すごい、九州でもこれだけ圧巻の紅葉が見られるんですね♪
山を制した者だけに与えられる特権と言ったところでしょうか?
光線条件も、紅葉が映える感じでグッドですね~。
Commented by jo3jvd2 at 2010-10-20 21:20
・素晴らしい好天に恵まれましたね!
青い空と紅葉、目の保養になりましたありがとうございます。
平地はまだまだ暑く感じる陽気ですが山はやはり秋が訪れて
いますね。
Commented by tochi0150 at 2010-10-20 21:30
こんばんは
こちらも爽快感を感じることが出来る写真ですね
なんだろう、深い感じのする紅葉ですね
京都などの庭師の造った紅葉とはまたい違った美しさがありますね
Commented by shin_0909 at 2010-10-20 22:20
こんばんは♪
すばらしい紅葉ですね。大船山は全然知りませんでした。
かなり人がいらっしゃるようですし、これだけの紅葉ですから、
有名な山なのでしょうね。
しかしfine88さんはタフですね!こういうお写真を見ると、私も
山を撮ってみたくなりますが、私は体力がなくなると写欲も
なくなっちゃうタイプなので、たぶん無理だと思います(笑)
Commented by photo-rhythm at 2010-10-20 22:38
標高差1,000mって。汗
聞いただけで引きそうです。
でも、この景色が待ってるって知ってしまったら我慢できそうにないですね。
今秋はイメージだけで我慢です。
Commented by fine88 at 2010-10-21 12:35
bernardbuffetさん
こんにちは(^^)
火口湖があるので紅葉が引き立ちますよね^^
日本人はこのような風景に魅かれるのでしょうね~♪
Commented by fine88 at 2010-10-21 12:38
pierre1228さん
山頂に着いたら疲れは忘れてしまいますね(笑)
大船山の紅葉は19日の写真を他の方のブログで見ましたが斜面はすごく色づいてきてますね。
週末まで持つかもしれませんよ^^
Commented by fine88 at 2010-10-21 12:40
hot_cokeさん
九州でも山上はすごく色づいてきていますね^^
写真を褒めて頂くときつい思いをして登った甲斐がありました♪
お昼に到着したので紅葉に日の当たる時間も丁度良かったようです^^
Commented by fine88 at 2010-10-21 12:43
jo3jvd2さん
この日は本当に好天に恵まれました^^
登っていてとても気持ちが良かったです^^
今から平地にも秋が訪れる季節となりますね。
Commented by fine88 at 2010-10-21 12:45
tochi0150さん
紅葉ってすごく趣がありますよね^^
それはやはり京都みたいな「和」風景がみんな好きだからでしょうね。
この自然の庭園もすごい人気のようで改めて紅葉の綺麗さを実感しました。
Commented by fine88 at 2010-10-21 12:47
>shin_0909さん
大船山は紅葉では有名な山ですね♪
ありえないくらいの人出でびっくりしましたよ(笑)
やっぱり山の上で素晴らしい風景があると思うと登ってしまいますね(笑)
Commented by fine88 at 2010-10-21 12:50
>photo-rhythmさん
牧ノ戸~中岳が標高差約500mですから倍はありますね。
でも歩く距離自体はそんなに違いはないと思います^^
逆に急登の方が標高をグングン上げている実感があるので楽しい部分もありますよ^^きっついですけど(笑)
おっしゃる通りこの風景が待ってると思うと頑張れちゃいますね♪


<< The Air Line      山頂からの紅葉 >>


ezカウンター