2012年 05月 23日
天の川 SS45秒
f0197319_12591639.jpg
※クリックで拡大します。

今回の写真はバルブでSS45秒です。焦点距離は10mm(換算16mm)です。
10mmの超広角ですので45秒でもブログのサイズくらいではパッと見流れてないように感じます。端の方は結構流れてますが、これは超広角の像の流れだと思われます。
しかし各画像をA4にプリントしてみると星の流れは中央部でも45秒はNG、30秒は許容範囲内でした。
A4までプリントするとよくわかりますね(そこまでの観賞を求めなければ45秒でも可だと思います)
ちなみに天の川の存在感は30秒も45秒もあまり変わらないような印象。
これは赤道儀で1分以上露光して比較してみたいですね。ポラリエ欲しい(笑)

前記したようにA4サイズでキタムラにプリントに出してみました。
プリントと言えば、僕が使ってるPCのモニターはキャリブレーションも何もしてないので
モニターで見てる画像とキタムラプリントとでは仕上がりがかなり違うのです。
簡単に言えばPCでは正常でもキタムラプリントだとアンダーにプリントされてきます。
なのでいつもその誤差を見越してPCで調整してプリント発注してます。

が、今回プリントを撮りに行ってあまりの違いにビックリ。
全体的に明るすぎて天の川は完全に色飛びして飽和してるし色ノイズがとにかく酷い。
とてもじゃないけど写真としては観れませんでした。
もちろんこれは僕のPCでの調整ミスです。明るくしすぎちゃいました(汗)
星景だと明るくするとここまで荒れるものかと。

そこで店員さんに相談して補正をかけてもらいながら3枚もやり直ししてくれました。本当に助かりました(プリント代は1枚分の請求でした)
出来上がった写真は満足のいくものでした。

しかしプリントしてみるとノイズが顕著に見て取れますね。
今回のはノイズ処理や調整方法などすごく勉強になりました。
まぁ如何せん僕の場合星景は分からないことが多すぎです(苦笑)撮りながら経験を積んでいきたいと思います。

その前にモニターどうにかしろってね(笑)
[PR]

by fine88 | 2012-05-23 12:48 | 星景写真


<< 赤川登山口より扇ヶ鼻山へ。      阿蘇でミルキーウェイ >>


ezカウンター