カテゴリ:撮影機材( 13 )

2012年 12月 16日
外部ストロボ ニッシンジャパンDi622 MARKⅡ
妹の結婚式に向けて初めて外部ストロボを導入してみました。

購入したのはニッシンジャパンのDi622 MARKⅡです。
ガイドナンバーは44です。
f0197319_17313048.jpg
f0197319_17311883.jpg

本当はCanon純正のEX430Ⅱが欲しかったのですが、年に数回しか使わないであろうストロボに2万半ばは出せないわけで^^;
ちなみにニッシンジャパンDi622は17000円でした。

広角仕様になるワイドパネル、
f0197319_17352057.jpg


そして天井バウンス時にも前方に光を当てる「キャッチライト」が標準で搭載されています。
f0197319_17342685.jpg


さて、では実際に結婚式の披露宴での写真をアップします。
※妹と新郎さんには許可を得て掲載しています。

ちなみにどちらの画像も
EOS60D EF-S18-135mmF3.5-5.6 マニュアル露出 
ISO1600 F5.6 SS 1/125sec 焦点距離47mm
での撮影です。

f0197319_18165740.jpg

この写真はストロボを発光しないで撮影しました。
会場のスポットライトの明かりで撮影はできていますが人肌の写りとかがどうしてもくすんでいるように感じます。


そしてこちらが外部ストロボを天井バウンス発光させて撮影した写真です。
f0197319_18192393.jpg



いかがでしょうか?


人肌などが綺麗に再現されていると感じます。
ISO感度も1600まで上げていますが、ストロボを発光することによりノイズを感じなくなるのは僕だけでしょうか。


もう一つ作例を。

データは60D 18-135mm マニュアル露出 焦点距離64mm ISO感度2000 F5.6 1/100です。

f0197319_18282518.jpg
この写真はストロボ非発光です。RAW現像で明るくしています。
このときはスポットライトもキャンドルサービスの時ほど光は強くなく、会場は暗かったのでISOは2000まであげてます。
RAW現像で持ち上げているのでノイズが乗っていますね^^;まぁ普通ストロボ無しにF5.6で撮影なんて考えないですよね(笑)



全く同じ条件でストロボをバウンス発光した写真です。
f0197319_1852731.jpg

あの暗さでここまで綺麗に撮れるのはビックリしましたね。ちなみにこれはRAW現像時の補正はしていません。
自分が生まれたときと同じ重さのぬいぐるみを・・・そんな感動的な場面をなんとか撮ることができました。

もちろんこの場面ではF2.8などの大口径レンズを使えばISO感度は抑えられるし、ストロボは不要かもしれません。
しかしストロボを発光したときの光の廻り方は本当に綺麗だと実感しました。


披露宴会場の天井の高さは6~7mありましたが、
ISO感度を上げることによりDi622でも十分にカバーできると思います。
あと外部ストロボを使うとホワイトバランスがとても安定しますね。

しかし今回披露宴で使ってみて唯一困ったのが「連写にストロボが追いつかない」という点です。
少ないときは1回のみ、多くても3回までしか発光されません。
一瞬のシャッターチャンスが大事な場面では本当に困りました(^^;)

Twitterでカメラに詳しい方に教えて頂いたのですが、発光の回数は露出、レンズのF値などで左右されるそうです。
例えば明るいレンズで絞り開放だと、一発当たりの発光量は少なく、連写が効くとのことです。
この辺りはガイドナンバーの計算方法と合わせて今後しっかり勉強していきたいと思います。

あ、それとニッシンジャパンさんに電話して聞いてみたのですが、連写に関してはバッテリーが効果があるとのことです。
テストした結果、エネループが一番発光回数が多かったとのことです。もっと早く知ってればよかった(笑)
僕はアルカリ乾電池で撮影しましたが、電池のパワーは大きなファクターとなりうるようですね。

自宅でも室内で子供を撮影するのにストロボを数回使いましたが本当に綺麗に撮れます。
「室内用に明るい単焦点を」という選択もありますが、僕は18-55mmなどの標準レンズに外部ストロボの方が綺麗な写真が撮れると思います。
一家に一台、外部ストロボいかがでしょうか?
あ、最近話題のステマではありませんからね(笑)


長文になりましたが、ストロボ初心者としての簡単なレポートとさせていただきます(^^)

※Di622MARKⅡを使ってみて「ストロボは大は小を兼ねる」というのは本当ですね。
余裕があるのでしたらCanon純正のEX580Ⅱをオススメしておきます。
[PR]

by fine88 | 2012-12-16 18:10 | 撮影機材
2012年 07月 25日
OLYMPUS Viewer 2で遊んでみる①
オリンパスのお家芸でもある「アートフィルター」
これを楽しみたくてオリンパス機を買う人も多いのではないでしょうか。

今回はその中でも一番人気?な「ドラマチックトーン」で遊んでみようと思います。
使うソフトはE-PM1に付属しているOLYMPUS Viewer2です。
ちなみに未だに全く使いこなせてません^^;CanonDPPに慣れているので他社ソフトがこんなにも使いにくいものかと実感しています^^;
編集は比較的簡単なのですが、サムネイルの並びや保存の際の使い勝手がどうも面倒くさいような^^;
f0197319_1339127.png
ちなみにRAW現像は1枚10秒前後です(core i3)



f0197319_1349525.jpg
これは元画像のRAWファイルです。何の変哲もない風景です(笑)


前にも書きましたが、E-PM1はRAWで撮影することで後加工にてアートフィルターをかけることができます。
f0197319_13555989.jpg
上の画僧にアートフィルターをかけてみまるとこのようになります。印象が一気に変わりますね。
ただこの時点で僕がイメージしているようなドラマチックトーンではありませんでした。
なんというか、効果が強すぎるという印象です。
これがドラマチックトーンの持ち味と言えばそうなんですが、ちょっとドギツイ画像になっています。

そこでネットで色々と調べていると同じようにデフォルトのドラマチックトーンに違和感を感じているユーザーがいました。
その方はRAW現像のときに露出を極端に補正することで、自分のイメージ通りのドラマチックトーンに仕上げていました。


そこで僕も露出を-1.7EVしてみると・・・
f0197319_1356963.jpg
うん、この方が僕のイメージしていたドラマチックトーンに近いです。全体的にコントラストが若干弱くなったようでスッキリ感があります。
ドラマチックトーンの詳しいアルゴリズムは分からないのですが、僕の好みとしてはコントラストが強すぎるよりもHDRな雰囲気を優先した方が好きですね^^

二つの画像を見比べてみていかがでしょうか??
これは人それぞれ好みが分かれるところですね。

f0197319_13561855.jpg
これは更に上の画像に「フレーム効果」をつけてみました。
なんかフレームが入ることによって物語の中の一場面のような雰囲気になりますね^^
E-PM1の場合、RAW現像時のみこのフレームをつけることができますす。JPEGファイルには対応していません^^;

ちなみにE-PM1で撮影するときに最初からドラマチックトーンで撮影すると「RAW+L(JPEG)」の2枚のファイルとして記録されます。
JPEGファイルはアートフィルター効果が効いてるファイル、RAWファイルはフィルター加工が効いていない生ファイルとして記録されています。
なのでフレームを付けない場合はJPEGを選択すればいいですし、フレームを付けたければRAWファイルからドラマチックトーン+フレーム効果を付ければ上記のような画像にすることができます。


また次回、アートフィルターで色々と遊んでみようと思います^^
[PR]

by fine88 | 2012-07-25 16:53 | 撮影機材
2012年 07月 12日
初3/4
f0197319_14423892.jpg



f0197319_14424852.jpg
Canonからミラーレスが登場か?!ってなときに初m3/4、初オリンパスです。

Canon以外のカメラを使うのは初めて。色々と楽しみです^^
[PR]

by fine88 | 2012-07-12 14:44 | 撮影機材
2012年 06月 28日
カメラバッグ
昨日は夜な夜なカメラバッグを掃除したり仕切り板を変更したりして楽しんでました(笑)
f0197319_1322174.jpg
今回の変更で仕切り板を増やしレンズを3つ収納できるようにしてみました。
※今までは2つ収納で使ってました。

f0197319_13243717.jpg

実際に収納してみました。大きな部分にはEOS60D+EF70-200mmF4がジャストフィットで入ります(※フードは付けてません)
仕切り板を増やした部分にはEF-S10-22mm、TAMRON90mmMACRO、Tokina10-17mmフィッシュアイの3つが収納できました。



f0197319_13275710.jpg
更にバッグ上部にはEOS KissX4+EF-S18-135mmが収納できます。
2台持ち歩かない場合はここに財布や携帯、レンズフードなどを収納しています。



バッグの横からもアクセスできるようになっていますが、僕は塞いで使っています。
f0197319_1334770.jpg


VANGUARDのHPより画像を拝借してきました。本来はこの使い方がいいみたいです。
f0197319_13593447.jpg

f0197319_13343272.jpg


僕はボディにEF70-200mmF4を付けた状態で収納できることを優先しているので上記の形になっています。




今回試しに付属のレインカバーを装着してみました。
f0197319_1338196.jpg
急な降雨なんかで役に立ちそうですね(^^)



VANGUARDのアップライズ43、スリングタイプです。
もう1年半ほど使ってますが、小物入れなんかも多くて使いやすいです。
f0197319_13391159.jpg



f0197319_13392160.jpg



f0197319_13385975.jpg



------------------------------------------------------------------------------------------------

後日、また変更してみました。
今度はHPにあるような形にしてみました。
f0197319_12355984.jpg
60D+EF70-200mmF4がギリギリ入ります。
この形だとレンズがもう一個入りますね^^面白いです。
f0197319_1237810.jpg
バッグの横から撮りだせるようになりました。これはこれで便利かなと思います^^









f0197319_13394169.jpg
実際に使ってるの図(笑)
[PR]

by fine88 | 2012-06-28 13:44 | 撮影機材
2012年 06月 26日
Tokina AT-X 107 DX Fisheye
f0197319_12581863.jpg



f0197319_1258276.jpg

ブロ友さんの作例を見て前々から欲しかった念願のフィッシュアイです。
トキナー10-17mmと言えば僕が紹介するまでもない有名なレンズですね。

f0197319_12584170.jpg
独特の歪曲した世界感がたまりません。

f0197319_1258548.jpg



f0197319_1259126.jpg



f0197319_1259256.jpg



f0197319_12593711.jpg



f0197319_12595187.jpg



f0197319_130351.jpg
フィッシュアイや超広角を使ってみて感じるのは、手前と奥の露出の差が激しいってところです。
10mm(換算16mm)ともなるとかなり広範囲まで写るのでどうしても輝度差が激しくなります。
手前に露出を合わせれば奥が白飛びするし、奥に露出を合わせれば手前がドアンダーになってしまう^^;
この辺の落としどころがとっても難しいです。
まぁ奥は気にせず飛ばしちゃえばいいんでしょうけど^^;もしアドバイスがあれば宜しくお願いします^^

f0197319_132337.jpg

使いこなせるように沢山撮って勉強したいと思います(^^)
[PR]

by fine88 | 2012-06-26 13:04 | 撮影機材
2012年 04月 12日
ミニ三脚
f0197319_15301399.jpg
スリックのコンパクトⅡです。いわゆるミニ三脚。今回の親子登山から導入しました。
やっぱり山頂とかで三人で写真を撮りたいときに、他に撮ってくれる人が居なければ撮れないな訳ですよね。
ただ記念写真だけに1キロを超えるような三脚は荷物になるので、軽くてコンパクトなミニ三脚をチョイスしました。
重量は570g。ザックに入れるには丁度いい重さ、大きさです。
足をすべて伸ばせば1m近くにはなります。

今回の登山で早速役に立ってくれました(^^)
[PR]

by fine88 | 2012-04-12 15:37 | 撮影機材
2012年 03月 09日
Powershot S95をカスタマイズしてみました。
f0197319_121393.jpg



f0197319_12154595.jpg



f0197319_12133186.jpg

Canon Power shot S95に「デジカメ用皮貼りキット」を貼りました(^^)
メーカーはジャパンホビーツールってところです。
S95用がラインナップされているのを知って早速購入してみました。
タイプは何種類かあるようですが、僕が購入したのはEOS-1というタイプです。フィルム機なのかな?

カッコ悪いなんて言わせません(笑)結構気に入っています(笑)
[PR]

by fine88 | 2012-03-09 12:23 | 撮影機材
2011年 10月 12日
コンデジ買いました。
f0197319_16114562.jpg


f0197319_16115744.jpg


f0197319_1612686.jpg


f0197319_16121743.jpg
Canon S95買いました(^^)
DIGIC5搭載のCanon S100が海外で発表されて国内での発表も間近?!だというのにS95を買ってしまいました。
RAWファイルが使えて画質も評判の良いコンデジが3万円を切る価格で買えるとなるとやっぱり魅力的なんですよねぇ^^;
ということで28700円になったところでポチってしまいました。
ボディの質感も良い感じですね♪滑り止めのような手触り感がしっくりきます。

画質は一眼レフの画質を知ってるので過度な期待はしてなかったですが、画質は十分かと♪
やっぱりコンデジっぽくシャープネスはきつめな印象ですが解像感も満足です。
(※コンデジを使うと、改めて一眼レフの画像は滑らかだな~と再確認)

S95の用途は主にお出かけ先での家族写真(プリント)です。記録用ですね(^^)

S95を買う時に他に購入を考えたのが
〇SONY NEX-C3
〇パナソニックGF3
〇オリンパスのXZ-1
カメラ店で物色してみましたが、NEXやGF3だと今後絶対レンズが欲しくなるだろうし、XZ-1はコンデジにしては高すぎです^^;(韓国の逆輸入品なら安いみたいですが)
でも結局S95を選んだ理由としては底値とも思える値段と、RAWファイルでの撮影ができるのが決め手でした。
RAWファイルならNEX、GF3、ZX-1でもいいのではって思われますが、サクサク動いて使い慣れたCanonの現像ソフトDPPを使えるっていうのはやっぱり大きなメリットです。
あ、もしCanonからAPS-Cのミラーレスが出てたらそちらを選んだかもしれません^^;(もちろん価格は5万以下限定ですが、笑)

長々とすいませんでした(汗)
[PR]

by fine88 | 2011-10-12 16:36 | 撮影機材
2010年 11月 04日
EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS 歪曲テスト
※クリックで拡大します。
f0197319_1534452.jpg
18mm F3.5





f0197319_15445492.jpg
18mm F3.5 DPPにて歪曲補正(100)





f0197319_15423097.jpg
135mm F5.6





f0197319_15423819.jpg
135mm F5.6 DPPにて歪曲補正(100)


Canon EF-S18-135mm F3.5-5.6 ISの歪曲具合をテストしてみました。
ご覧の通り18mmでは樽型の歪曲が、135mmでは今度は糸巻き型の歪曲収差が顕著に表れますね。
テストをするまでは全く気が付きませんでした・・・(笑)

しかしこれだけ歪曲していてもCanonの付属ソフトであるDPPを使って補正を掛けると2枚目、4枚目のように良好に補正されます。
これは純正レンズならではの強みと言ったところでしょうか(^^)
[PR]

by fine88 | 2010-11-04 15:52 | 撮影機材
2010年 10月 06日
EOS kiss X4
f0197319_1324252.jpg
EOS kiss X4買っちゃいました^^
EF-S18-135mm F3.5-5.6 ISレンズキットです。

X4ボディの特徴としてはまず背面の液晶がかなり綺麗で見やすいという点ですね。
ここは本当に隔世の念を感じます^^;
あとはその高精細な液晶を生かしたライブビュー撮影もすごく魅力的です。
AFはかなり遅いですが、じっくり撮るときやマクロ撮影に活用できそうです。
あとは何と言っても高感度耐性ですね!かなり評判が良いようですし、ISO感度が1600以上使えるのも心強いです。
画素数とかはあまり興味はないですが、トリミングの際には活かせそうです。

上記の利点に+してキャッシュバックキャンペーン中ということもあり、今回購入に至りました。


f0197319_16211666.jpg

操作性ですが、kissXとほぼ同じなのでとっても使いやすいです。
ただ背面のボタンに「測光方法」を変更するメニューボタンがなくなり、
「ピクチャースタイル」のメニューボタンになりました。
僕はあまりピクスタは変更しないので測光の方が良かったのですが一般的にはピクスタの方が需要があるのでしょうね^^

今度使い込んでみてまた感想など書きたいと思います。


f0197319_1327188.jpg
購入動機はもう一つありまして、EF-S18-135mmという便利レンズが付いてくるのが堪らなく魅力的でした。
今まで標準レンズはSIGMA24-70mmF2.8しか持ってませんでしたが、
重さが790gもあるので家族での気軽なお出かけ・・・っていうときは不便でした。
EF-S18-135mmは455gですが持った感じは非常に軽量でkissとの相性も良さそうです(若干長いですが)
焦点距離も幅広く、かなり使いやすいです~^^
これで家族でのお出かけや気軽なスナップなんかでも活躍しそうです。




そして最初の被写体は・・・
f0197319_13271280.jpg
生後2ヶ月の娘です^^
表情もだいぶ豊かになってきました。声も出して笑うように(^^)
女の子なのに男の子みたいですけど~(笑)

これからも益々家族の成長などを撮れたらいいな~と思ってます。
[PR]

by fine88 | 2010-10-06 14:00 | 撮影機材


    


ezカウンター