<   2012年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

2012年 05月 31日
孤高に咲く
f0197319_20241465.jpg
鷲ヶ峰をバックにミヤマキリシマ



f0197319_2029029.jpg


f0197319_20245174.jpg


f0197319_2025573.jpg


f0197319_20251783.jpg
【仙酔尾根(通称・馬鹿尾根)にて】

今日は阿蘇の仙酔峡から高岳への尾根を登ってきました。
尾根上部の急な斜面にひっそりと咲くミヤマキリシマ。
数は少なかったけど、荒々しい地形に咲く姿がとっても愛らしかった。

撮影中に濃いガスと雨に降られ山頂には行かずに下山。でも楽しかったです。


さて、尾根上部(高岳の稜線まで20分くらいの高度)のミヤマキリシマはどの株も開花していました。
ということは天狗の舞台のミヤマキリシマの群生ももうそろそろ開花しているのでしょうか。
(今回は確認できませんでした)


f0197319_203551.jpg
スタート地点の仙酔峡がずいぶん下に見えます。

f0197319_20343961.jpg
山上はすでに濃いガスが。

f0197319_20354521.jpg
こんな山の上にひっそりと咲く姿も愛らしい。

f0197319_20554655.jpg


f0197319_20355775.jpg


f0197319_20373648.jpg


たまには自分撮り(笑)
f0197319_20333564.jpg
f0197319_20334585.jpg



power shot S95
[PR]

by fine88 | 2012-05-31 20:45 | 登山の写真(山の風景)
2012年 05月 29日
赤川登山口より扇ヶ鼻山へ。
f0197319_10373845.jpg
27日(日曜)は扇ヶ鼻山のミヤマキリシマの状況を見に赤川登山口から扇ヶ鼻山まで登ってきました。

九重連山のミヤマキリシマは大体6月の10日前後が見ごろとなるんですが、今年はシャクトリムシが多いという話を聞いていたので。

結果からいうと山頂周辺のミヤマキリシマは花芽の付き方がバラバラです^^;
シャクトリムシも所々見かけました。
蕾が付いてる株もあるにはあるのですが、すでに色が褪せていたり蕾もまだない状態の株も結構ありました。
僕はまだ山の経験が浅いのでここからどういう風に開花していくのか、気になるところではあります。
2009年の扇ヶ鼻山のミヤマキリシマは凄かったです。またこのような風景がみたいものですね。

さて少ないですが山行レポです。

赤川登山口を8時50分に出発、久住山との分岐を左に進み扇ヶ鼻山へ。
f0197319_10531667.jpg



樹林帯を40分ほど登ると扇ヶ鼻山が見えてきます。
f0197319_10551497.jpg



肥前ヶ城、久住山もドンと。この角度から見る久住山はめちゃくちゃカッコいい。
f0197319_10553496.jpg


この開けたところは添ガツルと言うそうですね。のんびした素敵が空間です。
f0197319_10575371.jpg


添ガツルのミヤマキリシマは満開の株が結構ありました。
f0197319_1059391.jpg


f0197319_10595312.jpg


阿蘇の涅槃像とミヤマキリシマ。
f0197319_110766.jpg



岩井川岳でしょうか。ここからミヤマキリシマが咲いているのが確認できます。
f0197319_1102138.jpg


添ガツルから扇ヶ鼻を目指してどんどん高度を上げます。

f0197319_1134353.jpg


f0197319_114866.jpg


添ガツルから扇ヶ鼻山頂まではかなりの急登です。
登山道もところどころ崩壊していて黒土で滑るし、ロープもあったりでかなり難儀します^^;
やはり赤川からの登りはきついですね!!
(※必至こいて登ってたんで後半の登山の写真はありません、笑)


10時25分に山頂に着きました。かなりの登山者で賑わっていました^^
f0197319_1163725.jpg


竹田高校登山部。若いっていいな~。
f0197319_1165154.jpg


f0197319_117559.jpg


イワカガミがあちこちに咲いていました。
f0197319_1172380.jpg


扇ヶ鼻山より久住山を見て。山頂に沢山の人が見えます。
f0197319_119980.jpg

僕にとって扇ヶ鼻山は特別な山です。山登りを始めてから最初に登頂したのが扇ヶ鼻です。
そのとき扇ヶ鼻から見る久住山の存在がとっても大きくて・・・「あんなところまで行ける人はどれだけ達人なの??」と思ったものです。
そのときの新鮮な気持ちが蘇ってきました。
f0197319_1192080.jpg

今回も楽々コンデジ山行^^;
しかしどうしても上手く撮れない・・・S95ってこんなものなのかなぁ^^;(自分の腕を棚に上げ)
やはりセンサーサイズの違いは大きいのかな。
[PR]

by fine88 | 2012-05-29 11:15 | 登山の写真(山の風景)
2012年 05月 23日
天の川 SS45秒
f0197319_12591639.jpg
※クリックで拡大します。

今回の写真はバルブでSS45秒です。焦点距離は10mm(換算16mm)です。
10mmの超広角ですので45秒でもブログのサイズくらいではパッと見流れてないように感じます。端の方は結構流れてますが、これは超広角の像の流れだと思われます。
しかし各画像をA4にプリントしてみると星の流れは中央部でも45秒はNG、30秒は許容範囲内でした。
A4までプリントするとよくわかりますね(そこまでの観賞を求めなければ45秒でも可だと思います)
ちなみに天の川の存在感は30秒も45秒もあまり変わらないような印象。
これは赤道儀で1分以上露光して比較してみたいですね。ポラリエ欲しい(笑)

前記したようにA4サイズでキタムラにプリントに出してみました。
プリントと言えば、僕が使ってるPCのモニターはキャリブレーションも何もしてないので
モニターで見てる画像とキタムラプリントとでは仕上がりがかなり違うのです。
簡単に言えばPCでは正常でもキタムラプリントだとアンダーにプリントされてきます。
なのでいつもその誤差を見越してPCで調整してプリント発注してます。

が、今回プリントを撮りに行ってあまりの違いにビックリ。
全体的に明るすぎて天の川は完全に色飛びして飽和してるし色ノイズがとにかく酷い。
とてもじゃないけど写真としては観れませんでした。
もちろんこれは僕のPCでの調整ミスです。明るくしすぎちゃいました(汗)
星景だと明るくするとここまで荒れるものかと。

そこで店員さんに相談して補正をかけてもらいながら3枚もやり直ししてくれました。本当に助かりました(プリント代は1枚分の請求でした)
出来上がった写真は満足のいくものでした。

しかしプリントしてみるとノイズが顕著に見て取れますね。
今回のはノイズ処理や調整方法などすごく勉強になりました。
まぁ如何せん僕の場合星景は分からないことが多すぎです(苦笑)撮りながら経験を積んでいきたいと思います。

その前にモニターどうにかしろってね(笑)
[PR]

by fine88 | 2012-05-23 12:48 | 星景写真
2012年 05月 21日
阿蘇でミルキーウェイ
f0197319_215282.jpg
ここは阿蘇の米塚近くの休憩所にて撮りました。


f0197319_215329.jpg
かぶと岩展望所にて。ここは自販機があったり街の明かりもあるので賑やか^^;


f0197319_215447.jpg
ミルクロードにて。


f0197319_216091.jpg



f0197319_2161827.jpg
草千里にて。どこかの車が煌々とライトを照らしてました(笑)放牧の牛が見えますかね(笑)

天の川は撮っていてワクワクする被写体ですね。
[PR]

by fine88 | 2012-05-21 21:11 | 星景写真
2012年 05月 19日
烏帽子を包む星空
f0197319_1035070.jpg



f0197319_9573713.jpg
阿蘇五岳の烏帽子岳を包み込む星空。素敵な時間でした。


この日は肉眼でも天の川がハッキリと見えました。
カメラはKiss X4、レンズはEF-S10-22mm、F3.5開放、SS30秒、ISO感度1600、です。ピントは無限遠です。
ノイズはギリギリ許容範囲でしょうか。
1枚目は輝度ノイズ緩和10、色ノイズ緩和15と強めにNRをかけているので若干ボヤッとなってますが、
星景だと若干ボヤッとした方が仕上がりはいいのかな、と感じています。
※2枚目はNRはX4のデフォルト(輝度ノイズ3・色ノイズ10)で現像しています。こちらがシャープではありますね。
トーンカーブもいじってますが調整具合が難しい^^;
[PR]

by fine88 | 2012-05-19 10:02 | 星景写真
2012年 05月 15日
棚田百選 「扇田の棚田」 産山村
f0197319_12355880.jpg

産山村にある「扇田の棚田」です。ここは3年前に訪れて以来の再訪です。

まぁなんとういか、僕の腕ではどう撮っても同じような写真ばかりです(笑)
奇をてらう撮り方もアイデアも何も浮かびません、「ここに行ってきました」的な証拠写真みたいなものです。
それでも抜群のロケーションであることには何の疑いようもありません。
祖母山・傾山を背景に、大自然を満喫できます。ここにいるだけでも癒しの効果があることでしょう(^^)
f0197319_12361084.jpg



f0197319_12362440.jpg



f0197319_12363559.jpg
撮影場所から後ろを見れば九重連山が。本当に素晴らしい眺めです。
皆さんも一度は訪れてみてください(^^)
[PR]

by fine88 | 2012-05-15 12:44 | 風景写真
2012年 05月 13日
花盛りの仙酔峡
f0197319_21384799.jpg



f0197319_21524100.jpg



f0197319_2128289.jpg



f0197319_2128461.jpg



f0197319_2143087.jpg



f0197319_21291266.jpg



f0197319_21393185.jpg
阿蘇の仙酔峡はミヤマキリシマが見ごろを迎えています(^^)
仙酔峡全体で言うと下部は8分咲き、上部は5分~7分咲きって感じです。
来週末が全体的なピークを迎えるのではないでしょうか^^
[PR]

by fine88 | 2012-05-13 21:33 | 風景写真
2012年 05月 09日
男池プチトレッキング
f0197319_13315675.jpg


f0197319_133292.jpg
男池で出会える自然の力強さ。
f0197319_1335558.jpg
今回も守り神に会えました^^

f0197319_13322325.jpg
今回は男池からかくし水までプチトレッキング。
時間にして30分、距離は往復で2キロ。しかし急な勾配のところもあります。

f0197319_1333681.jpg
かくし水に着きました。
山からの清流がこんこんと流れていてました。
不思議ですよね、山の中腹にこんな水場があるなんて。

ちなみにかくし水を先に進むとソババッケという黒岳・平冶岳・大船山への分岐点に出ます。

f0197319_13363567.jpg


f0197319_13332433.jpg


f0197319_13333718.jpg
今回活躍したモンベルのベビーキャリー。
これで末っ子を連れてどこでも行けます^^


最近ちょっと体調を崩し気味の嫁さんも、新緑の中をあるいて少しはリフレッシュできたようで良かったです。
[PR]

by fine88 | 2012-05-09 13:43 | 登山の写真(山の風景)
2012年 05月 08日
新緑の男池散策
f0197319_133563.jpg
仕事柄GWはずっと仕事してますが、最終日の日曜日だけ奥さんと末っ子の3人でくじゅうの男池を散策してきました。

男池の新緑は素晴らしかった。まさにパワーグリーン。
素敵な時間を過ごせました。


最近はレンズに全く拘らなくなりました。今は18-135mmのお手軽ズームばかり。
廃価なキットレンズでもなかなかの写りですよ。
昔はレンズ沼にハマりかけたこともありましたが、過ぎてみるとなんてことないです。
今は「とりあえず写ればいい」と気楽に撮っています^^

あ、でもトキナー10-17mmフィッシュアイは欲しいです(笑)
[PR]

by fine88 | 2012-05-08 12:38 | 風景写真


    


ezカウンター