タグ:Canon EF-S55-250mm F4-5.6 IS ( 40 ) タグの人気記事

2010年 06月 25日
凄いぞ、ニッポン!
f0197319_1232116.jpg

寝不足の皆さん、お仕事は大丈夫でしょうか(笑)

今日はこの話題に触れない訳にはいかないでしょう~~(*^-゚)vィェィ♪

W杯サッカー日本代表、決勝トーナメント進出おめでとうございます!
やりましたね~本当に良い意味で裏切ってくれました(あまり期待してなかったので・・・)

気迫溢れる試合には本当に感動しました。
そして何よりもアジアから2チーム決勝トーナメントに進出できたのが嬉しいですね♪

チームの雰囲気も良いみたいですし、上を目指して欲しいですね!



※今日の写真は昨年アップしたものですが、再投稿させて頂きました。
今日3点目を入れた岡崎慎司選手の代表初ゴール後の写真ですo(^∇^)o
[PR]

by fine88 | 2010-06-25 12:42 | スポーツ
2010年 05月 07日
棚田の情景
f0197319_1357985.jpg

下福良の棚田の農家さんたちは、ここが有名な撮影場所って言うのを知っているのでしょう、
挨拶をすると「良い写真は撮れたね~?」とニコニコしながらとってもきさくに話しかけて下さいます(^^)

しかし棚田も休耕田が増えてきているようです。
この風景があるのも農家の方々の尽力あってこそ、ですね。
本当に感謝、です。



f0197319_16153966.jpg



f0197319_1358449.jpg



f0197319_13565936.jpg



f0197319_1615548.jpg

[PR]

by fine88 | 2010-05-07 14:03 | 風景写真
2010年 05月 06日
干潟模様
f0197319_1404018.jpg



f0197319_1405144.jpg
夕景ではお馴染みの御輿来海岸ですが、夕日が絡んでないと静かなものです。

カメラを構えた人は僕を合わせて3人でした。

棚田と同じで干潟模様もパターンなのですが、
どう切り取っていいのか、どこが面白く見えるのか、
まだ僕には良く分かりませんが、経験を積んで自分なりに面白いポイントを見つけて行こうと思ってます。



f0197319_141035.jpg




--------------------------------------

さて、今フジテレビで放送されている「東京リトル・ラブ」ですが、
ご存知の方も多いと思いますが、全編「Canon 5DMarkⅡ」の動画機能にて撮影されています。
使われているレンズは全てLレンズの単焦点がメインとのことですがEF70-200mmF2.8Lの望遠ズームも使われているそうです。
番組を見たあとに5DMarkⅡで撮影されたって知ったんですが、いやぁ~すごく綺麗ですね^^;
普通のドラマよりも被写界深度が浅いのでまるで映画みたいです。
是非一度チェックしてみて下さい。

ただこれで5DMarkⅡへの物欲が増しても責任は取れませんのであしからず(笑)

デジカメWatchの記事
[PR]

by fine88 | 2010-05-06 14:04 | 風景写真
2010年 05月 04日
干潟遊び
f0197319_13215598.jpg




f0197319_13227100.jpg

GWいかがお過ごしでしょうか?

うちは日曜日に甥っ子の節句で天草に行ってきました。

帰りに御輿来海岸がちょうど干潮だったので寄ってみました(^^)

展望所から干潟を見たわが子は「あそこで遊びたい!」と言い出し、
許可したはいいものの、服が泥んこになったのは言うまでもありません(笑)


f0197319_1322171.jpg

[PR]

by fine88 | 2010-05-04 13:24 | 家族でおでかけ
2010年 03月 02日
飛躍
f0197319_12365837.jpg
日曜日は熊日30キロロードレースが開催されました。
僕が住んでる所のすぐ近くを通るので、歩いて撮りに行ってみました^^
お目当ては富士通の藤田敦史選手。
僕の兄が駒大出身なので駒大出身である藤田選手は昔から好きな選手でした。
f0197319_12372210.jpg
はっきり言ってファインダーからでは藤田選手がどこに居るのか全く分かりませんでした(汗)
左端の選手が藤田選手(富士通)中央が2位の黒崎選手(コニカミノルタ)
そして黒崎選手の後ろにつけているのが今年の箱根駅伝でも活躍した駒大の宇賀地選手。
f0197319_12374271.jpg
今回は藤田選手が見事優勝されました^^
社会人になりマラソンで当時の日本記録を出し期待されていましたが、度重なる怪我によりチャンスを逃していました。

今回のこの優勝がキッカケになりまた日本、いや世界のトップへと“飛躍”して欲しいです!





女子で優勝された九電工の松尾千春選手。
f0197319_1238579.jpg



f0197319_12381363.jpg
背景はもっと考えなければいけませんね・・・(笑)
[PR]

by fine88 | 2010-03-02 13:01 | スポーツ
2010年 02月 17日
スピード感
f0197319_174338100.jpg

冬季オリンピックが開催されていて日本中が盛り上がっていますが、
驚くべきはその“スピード感!”

スキーモーグルの真横からのアングル、
スピードスケートのコーナーワークのアングル、
もう痺れるようなスピード感に魅了されています。

スピードを追従するカメラ技術も素晴らしいですね。

今回のオリンピックは特に「限界まで攻めないとメダルはない!」っていう緊張感が凄いです。
転倒か好タイムか・・・その狭間に挑んでいくアスリートの姿には本当に感動します!!
[PR]

by fine88 | 2010-02-17 17:50 | スポーツ
2010年 01月 22日
九重・初朝駆け
僕の九重連山への朝駆けは急に決まった。

朝駆け自体は前々から興味があったものの、春あたりに初めての朝駆けを予定していた。

しかし「予定」は「未定」である(笑)

実は17日は大船山に登ろうかとSHINさんと話していたのだが、
ゴンさんも急遽行けるという連絡が。
夜10時、仕事が終わった僕はSHINさんとgonさんと17日の登山ルートを模索する。

僕は「朝駆けもいいかな・・・」と思い始める。
今まで躊躇していた朝駆けだったが経験者であるSHINさんとgonさんが居れば心強い。


「よし、今回は朝駆けで行こう!」

とSHINさんの「ファイナルアンサー?」のメールに返事をする(笑)


こうして僕の朝駆けは決まった。


さぁ、決まれば準備だ。このとき夜の10時半。
そこから準備をして2時に牧ノ戸峠へ向けて自宅を出発。

凍結を心配したが特に問題なく牧ノ戸に3時半に到着。
しかし駐車場には結構な量の積雪が・・・「大変なところに来ちゃったよ~」と若干後悔する(笑)
気温は-7度。
早朝からの登山は何度も経験があるが、やはり夜の山登りは違った空気が流れている。


しかし空を見上げれば満点の星空!!!今にも降ってきそうだ・・・。
この星空のお陰で僕はかなり勇気付けられる。

駐車場に着いてからSHINさんとgonさんと合流。
すでにお二人はヘッドライトを点灯し準備に勤しんでいた。

一言二言話し、僕も車に戻り準備を終え、午前4時すぎ、登山口に3人で立つ。
ヘッドライトを点灯し、いざ「クライムオーン!」

朝駆けで必要なのはヘッドライトなのだが、これが何の違和感もなく前が良く見える。なかなかの優れものだ^^
当然周りの景色は何も見えないが、3人で談笑しつつ、何よりも沢山の星たちに見とれながら歩を進める。

途中、SHINさんとgonさんのハイドレーション(給水)のチューブが凍りつく。
冬の朝駆けとは凄い世界だ、と改めて実感する^^;

扇ヶ鼻分岐~避難小屋~久住分かれ~と進み、御池に到着。
今回も見事に凍ってました~^^

そこから最近リニューアルされた避難小屋への丘を駆け上がる。
このとき時計は6時15分くらいだったでしょうか。


そこから見えた圧巻の風景・・・。
f0197319_138479.jpg
地平線からオレンジ色の光が浮かび上がる・・・。
「何じゃこりゃ~?」が正直な感想。
もうここが日本だなんて信じられませんでした(外国はあまり行ったことありませんが、汗)

しばしその風景に見惚れる・・・。あぁ、来て良かったなぁと。


避難小屋で防寒対策をしていましたが、僕は待ちきれずに先に中岳に向かうことに。

中岳山頂に登頂したのが日の出約30分前の6時40分。

ここからの風景は先日アップした通りです^^

f0197319_16194996.jpg



山頂で再合流したSHINさん。
f0197319_13493057.jpg



gonさん。何を撮っているのかな??
f0197319_13495181.jpg


岩に着いた霧氷を撮っているようでした^^
f0197319_1350232.jpg




大船山越しに雲海が。
f0197319_1641739.jpg




12月に登った由布岳。本当に見事な双耳峰。
f0197319_13521358.jpg




阿蘇の根子岳。荘厳な山容がはっきりと見えました。
f0197319_13522826.jpg




そして有明海の向こうにある雲仙普賢岳までも。
f0197319_13523983.jpg




山頂でのfine88(笑) (写真提供・SHINさん、gonさん)
f0197319_1654765.jpg
ウェアは長袖のTシャツ+薄手のフリース+レインスーツ+薄手のフリース+ダウンジャケット、の5枚重ね(笑)
ズボンは冬期用ボトムスの上からレインスーツ。
山頂は風が強く気温は-10はあったと思いますが「手」以外はこれで大丈夫でした。
手に関してはシャッターを押すので厚手の手袋だと操作できないので薄手のフリースの手袋を使ってたんですが、
夢中になりすぎて気がつくと手の感覚が全くないことに気付く(汗)
慌ててgonさんに厚手の手袋を借りてなんとか復活しましたが、今後対策が必要と感じました^^;


僕とgonさんは8時くらいに下山、先に避難小屋に下りていたSHINさんと合流^^
※PLフィルター重ねたらケラれてました^^;
f0197319_16182655.jpg
立派な避難小屋が建てられていました。
中で昼食の準備をするお二人。コーヒーのいい~匂いが漂います^^
SHINさんはフライパンでソーセージ炒めてました^^
f0197319_16183660.jpg



昼食後、御池で遊ぶ(笑)
f0197319_16214247.jpg


fine88もバンザ~イ(笑)
f0197319_1619494.jpg



そこからは快晴の中、牧ノ戸へ向け下山しました。
f0197319_16191632.jpg
PLフィルターは慣れないとムラが出ますね(汗)
今回お借りしてかなり欲しくなりました^^;

f0197319_16192781.jpg



初めての朝駆けは素晴らしいコンディションに恵まれ、また二人のサポートのお陰でとても楽しい山行になりました。
今まで躊躇してたのがもったいない!って思ったくらい。
満点の星空、太陽の恵み、地球の大きさを感じました。
今回は少なかった雲の動きなど撮ってみたいな~なんて次の朝駆けのプランをすでに練っていたりします(笑)


本当に感動的な初・朝駆けでした。


ちなみに帰りは50~60人くらいの登山客とすれ違いました(当然駐車場は満杯)
やはり氷結した御池は人気があるんですね^^


下山した後は長者原の駐車場でSHINさんとgonさんのバーナーを使っての昼食会。
噴煙をあげる銀色の硫黄山を眺めながらの最高の昼食となりました。
このような瞬間もいいな~って思いますね^^
[PR]

by fine88 | 2010-01-22 16:30 | 登山の写真(山の風景)
2010年 01月 20日
そして朝日が昇る・・・。
f0197319_13462382.jpg
中岳山頂からのご来光です。



九重連山が朝日に染まっていきます・・・。
f0197319_13464755.jpg




モルゲンロートに包まれる天狗ヶ城。
f0197319_13472524.jpg




稲星山越しに見える祖母山系の山々。
f0197319_13494221.jpg




久住山の向こうに見える阿蘇五岳にも朝日が当たります。
右下に見えるのが最近リニューアルされた避難小屋です。
f0197319_13503438.jpg




久住山の山頂でも朝駆けの方々が。
f0197319_13515488.jpg



いつも雄大な姿を見せてくれる三股山。気持ち良さそうに朝日を浴びています。
f0197319_1352777.jpg



中岳山頂。
f0197319_14551525.jpg




そして太陽が昇るにつれて暖かな光に包まれていきます。
f0197319_13521851.jpg

思いっきり両手を広げ、太陽からのパワーを頂きました。

この光に改めて感謝、です。



思えば、今年初めてのご来光でした。
[PR]

by fine88 | 2010-01-20 13:58 | 登山の写真(山の風景)
2010年 01月 05日
御輿来海岸の夕景
f0197319_12433517.jpg



f0197319_12434694.jpg
3日は久しぶりに御輿来海岸の干潟の夕景を撮りに行って来ました。
いつみてもここの夕景は格別ですね・・・。





遠くに見事な山容の雲仙普賢岳が。
f0197319_12435896.jpg



日が沈んだ後も何とも言えない神聖な空気が流れていました。
f0197319_1244851.jpg

[PR]

by fine88 | 2010-01-05 12:46 | 風景写真
2009年 12月 09日
登山レポート~由布岳 その2
東峰をあとにして次は西峰に向かいます。
東峰から見た西峰の痩せた尾根
f0197319_17255021.jpg


f0197319_1636996.jpg
西峰は東峰に比べて難易度が上がります。

実際、この日も半分くらいの人は東峰だけ登頂して帰られてました。

f0197319_16392014.jpg
f0197319_16393165.jpg
ちょうど先行していたご夫婦が鎖場のところを通過していたので参考に見ていました。
(旦那さんは下でサポートしていました)
いわゆる“カニのヨコバイ”的な難所があるようです。

東峰から一旦マタエに下りて西峰に向かいます。
f0197319_16423587.jpg
最初の鎖場ですが、鎖は使わずに手足で登れます(下山時は使いました)

先ほどご夫婦の奥さんが通過していた鎖場です。実はここに上がるまでも細い岩場の鎖場があります。
f0197319_164401.jpg
下は切れ落ちていて一見難しそうですが、
足場はちゃんと靴を乗せれるだけのスペースはあり、鎖も頑丈なので不安なく通過できます。

鎖場を通過すると更に岩場の痩せた尾根を登ります。
通ってきた尾根を振り返って。
f0197319_16472884.jpg


そして西峰山頂です。
f0197319_17261271.jpg


西峰から東峰を。
f0197319_16491096.jpg


今回の由布岳登山で僕は脚を攣ってしまいました^^;
もっとしっかり体調管理しなくてはいけません。
反省点は、登り始めてから大量の汗をかいたのにも関わらず、水分を充分に摂らなかったこと。
ストレッチはもっともっと入念に、休憩はこまめに充分にマイペースで、この基本が守れていませんでした。

今回の経験をもとに、もっともっと真摯な態度で山に登らせてもらおう、と誓いました。
[PR]

by fine88 | 2009-12-09 17:15 | 登山の写真(山の風景)


    


ezカウンター