タグ:Canon powershot S95 ( 18 ) タグの人気記事

2012年 11月 06日
モーモーファームにて
f0197319_1373239.jpg
パグちゃん可愛い!

M.ZUIKO17mmF2.8で撮った写真ですがなかなかシャープだと思います(ちょっとシャープすぎるかな)

M3/4でもここまで写れば文句なしですね(^^)

f0197319_13105955.jpg
【モーモーファーム竹原牧場にて】

f0197319_13164484.jpg

[PR]

by fine88 | 2012-11-06 13:19 | スナップ写真
2012年 10月 31日
SKYBLUE三俣山
f0197319_13521858.jpg
[くじゅう連山・三俣山本峰にて]

10月29日(月)に三俣山に登ってきました。
この日はとにかく空が青かったです(^^)

【全てpowershot S95にて撮影】




11時5分に大曲登山口から入山。
f0197319_13544521.jpg



f0197319_1356764.jpg
見上げる雄大な三俣山の西峰。


f0197319_1359128.jpg
砂防ダムから見上げる。



スガモリ越に向けて登ります。
f0197319_1359299.jpg



f0197319_1401715.jpg
11時45分・スガモリ越に着きました。

これから三俣山に登ります。


f0197319_142110.jpg
斜度を増しながら登りあげます。


f0197319_1421788.jpg



f0197319_1422929.jpg
西峰手前のケルン。


f0197319_1433942.jpg
振り返ると大船山。


f0197319_1443148.jpg
西峰から本峰を見上げます。

f0197319_1445680.jpg
Ⅳ峰との分岐。


f0197319_145049.jpg
吸い込まれそうな青空。


f0197319_1455436.jpg
12時30分・三俣山本峰に着きました。

f0197319_147145.jpg
北峰・大鍋の紅葉も若干残っててくれました(^^)嬉しい。
f0197319_1475662.jpg


西峰まで下りてちょっと休憩して下山します。
f0197319_1481743.jpg



f0197319_148324.jpg
スガモリ越が眼下に。


f0197319_1484367.jpg
硫黄山の下に気象庁の車が停まってました。こんな場所に車ってなんか新鮮(笑)
f0197319_1412818.jpg



14時15分に無事下山しました。
澄んだ青空のなか気持ち良く歩くことが出来ました。

ありがとう三俣山!
f0197319_14113933.jpg

[PR]

by fine88 | 2012-10-31 12:00 | 登山の写真(山の風景)
2012年 10月 17日
登山レポ・大船山 東稜ルートを登る。
f0197319_16441646.jpg
10月14日(日)に行ってきた大船山の登山レポを書きたいと思います。

今回はちょうど2年ぶりの大船山です。
その2年前と同じく今水登山口から大船山山頂まで直登する東稜ルートを登りました。

f0197319_16475018.jpg
今水登山口には朝6時に到着しましたが、すでに10台ほど泊まっていました。
※写真は下山のときに撮影したのでもっと台数は増えていました。

くじゅうの数ある登山口の中でも比較的ひっそりとしている今水ですが、毎年この時期は路肩が車でいっぱいになります。

f0197319_16481134.jpg
駐車場から今水登山口へは林道をあるいて行きます。
この林道が意外と長い(笑)

10分ほど歩いて今水登山口に到着です。
f0197319_16513286.jpg


今水登山口の標高は862m。
f0197319_16522931.jpg
大船山が1786mですから約900mの登りになります。

今回は前日が子供の運動会で僕自身も走り回っていたこともあり、正直不安を覚えながらも、午前6時半、スタートです!


f0197319_16551458.jpg
登山口から暫くはつづら折りの登山道で標高を稼ぎます。気持ちいい森の中を歩きます。

f0197319_16554563.jpg
野草が可愛いですね^^

f0197319_16573427.jpg

今水から大船山までは標識や赤テープが頻繁にあるので迷うことはありません。
ありすぎってくらいあります(笑)
f0197319_16574342.jpg


f0197319_165941100.jpg

この辺りは黒岳の原生林の流れを汲んでいるのでとても神秘的な森を歩きます。

f0197319_1704870.jpg
f0197319_171418.jpg
登山口からちょうど1時間、兵麓寺コースからの分岐に着きました。
ここは平坦な森の中なので休憩にはもってこいです。
どのサイトでも言われていますが、標識の向きがおかしいんですよね。
大船山・風穴方面は写真の正面奥(杉の木に黄色テープが巻いてある方向)に進みます。

さぁここからが本格的な登りになります!

5分くらい進んだところで黒岳・風穴方面への分岐に。黒岳もいつか行ってみたい。
f0197319_1793137.jpg



分岐からきつくなってくる傾斜を30分ほど登るとポールの広場と言われる草原?にでます。
f0197319_17103061.jpg
しかしこの時期はほぼ藪の中です。ポールも見えません(笑)

ここは標高でもちょうど半分くらいです。あと半分、450mを一気に登りあげます。

f0197319_17132535.jpg
人一人やっと通れるくらいの急登を登ります。

f0197319_17141776.jpg
f0197319_17143850.jpg
f0197319_17145535.jpg
きついところですが、色づいた紅葉が癒しになります。

f0197319_17172049.jpg
最後の5分の1くらいは手足をフルに使って登る!ひたすら登る!

f0197319_17173921.jpg
いつのまにか黒岳よりも高いところに。
この時点で米窪の紅葉が素晴らしく心躍ります。

f0197319_17191369.jpg
若干傾斜が緩んでくると御池の淵はもうすぐです。あと一息。

f0197319_17201057.jpg
平坦な草原に出たらここは御池の裏側にあたります。

f0197319_1721244.jpg
御池の岩が見えた!

f0197319_17232559.jpg
そしてドーン!!と御池の淵に飛び出てきました!感動!

2年前もこの場所で大きな声をあげてしまいましたが、今回もまたこの紅葉に逢えて本当に感動しました。

f0197319_17272845.jpg
山頂は目の前ですが、夢中でシャッターを切ります。
ちなみに御池の紅葉は山頂よりも若干下ったところに最高のポイントがあります(^^)

f0197319_17244151.jpg
そして10時ちょうどに大船山山頂に着きました^^登山口から休み休み、なんと3時間半かかりました^^;

f0197319_17285861.jpg


山頂での紅葉に登山者も皆夢中でした。
f0197319_17492528.jpg


f0197319_17405425.jpg
山頂からの法華院温泉山荘。

大船山紅葉の様子は前回までアップした写真をご覧ください(^^)

大船山御池の紅葉

大船山山頂からの風景


山頂や御池の畔で1時間ほどまったりしたあと今水まで2時間かけてゆっくり下山しました。

f0197319_17395430.jpg




さて、2年ぶりの今水~大船山の東尾根コースを行きましたが、今回は本当にきつかったです・・・。
特に後半は傾斜もかなりきつくあまり展望もないので精神的にも「いつ着くんだろうか?」と落ち込んじゃます^^;

ちなみに2年前はこのコースを2時間20分で登頂・1時間20分で下山していますので、それからの体力低下を感じずにはいられません^^;
しかし山頂まで一気に行けるルートというのは何かストイックな感じで嫌いではないのですよね^^;
またいつかこのルートを歩いてみたいと思います^^
[PR]

by fine88 | 2012-10-17 22:24 | 登山の写真(山の風景)
2012年 10月 11日
阿蘇・高岳に登る。
f0197319_1337715.jpg
【Canon powershot S95】

10月7日(日)に阿蘇・高岳に登ってきました。

高岳へは仙酔峡から仙酔尾根(通称・馬鹿尾根)を登りました。

仙酔峡から高岳の稜線まで650mの急な登り。

本当にきつい登りですが振り向けば阿蘇の町並み、大自然が疲れを癒してくれて素晴らしい尾根歩きができます。

f0197319_13405913.jpg



f0197319_1341043.jpg
今回同行した後輩。若いから足も軽い^^

f0197319_13415673.jpg
虎ヶ峰・鷲ヶ峰がカッコいい!!



f0197319_13422124.jpg



f0197319_1343792.jpg
スタート地点の仙酔峡があんな遠くに!ずいぶん登ってきました(^^)

f0197319_13432690.jpg



f0197319_1345233.jpg



f0197319_13491484.jpg



f0197319_13433826.jpg
稜線までもうちょい!


f0197319_13435169.jpg
稜線に上がる!


f0197319_134422.jpg
はぁ~疲れた(笑)


f0197319_13574453.jpg



f0197319_13462466.jpg
東峰は生憎ガスの中でした。


f0197319_13472029.jpg
高岳山頂^^


f0197319_13481377.jpg
山頂で昼ごはん。山頂どん兵衛。


f0197319_13495336.jpg
さぁ、ここから中岳までは最高の稜線歩きです^^


f0197319_1350832.jpg



f0197319_13513999.jpg



f0197319_13532051.jpg
中岳山頂!


ここからはロープウェイ乗り場を経由して仙酔峡まで下山しました。


久しぶりに登った高岳・中岳。
稜線歩きはまさに天空を歩いているかのよう。
のんびり歩くことができました(^^)
[PR]

by fine88 | 2012-10-11 13:58 | 登山の写真(山の風景)
2012年 07月 11日
末っ子と俵山登山
f0197319_12533793.jpg
8日(日曜日)は息子と末っ子と俵山へ登ってきました。
今回もモンベルベビーキャリア大活躍!しかしさすがに俵山はきつかった!(苦笑)
娘は12キロ、ベビーキャリアが2キロ、着替えその他飲料水で3キロ、合計17キロくらい。
しかも末っ子が途中で爆睡してしまい重さ倍増(笑)
もうほんとに稀にみるきつい登山となりましたが、今月で満2歳となる末っ子と山登りができてイイ思い出になりました^^

f0197319_12534825.jpg
息子は相変わらず元気。山頂も7座目となりました^^


f0197319_12541981.jpg
阿蘇五岳が雄大!俵山は本当にロケーション抜群です。
この日は梅雨の晴れ間で快晴!気温も暑かった^^;




f0197319_1254154.jpg
僕の表情に全く余裕がありません(苦笑)
末っ子は最後まで機嫌よく元気に過ごしていました^^



f0197319_12543523.jpg
モンベルのベビーキャリアですが、やはり重心が高いのか、子どもの重さで振られる印象はあります。その分体感重量は重く感じしまいます。
でもこのくらい高くないと草むらで足に草が当たってしまうんですよね。
この高さならちょっとの茂みなら足に当たらずに進めます。
しかし本当にしんどかった(笑)

でも楽しい山登りとなりました。未だにちょっと筋肉痛です(笑)


【powershot S95にて撮影】
[PR]

by fine88 | 2012-07-11 13:54 | 登山の写真(山の風景)
2012年 06月 28日
カメラバッグ
昨日は夜な夜なカメラバッグを掃除したり仕切り板を変更したりして楽しんでました(笑)
f0197319_1322174.jpg
今回の変更で仕切り板を増やしレンズを3つ収納できるようにしてみました。
※今までは2つ収納で使ってました。

f0197319_13243717.jpg

実際に収納してみました。大きな部分にはEOS60D+EF70-200mmF4がジャストフィットで入ります(※フードは付けてません)
仕切り板を増やした部分にはEF-S10-22mm、TAMRON90mmMACRO、Tokina10-17mmフィッシュアイの3つが収納できました。



f0197319_13275710.jpg
更にバッグ上部にはEOS KissX4+EF-S18-135mmが収納できます。
2台持ち歩かない場合はここに財布や携帯、レンズフードなどを収納しています。



バッグの横からもアクセスできるようになっていますが、僕は塞いで使っています。
f0197319_1334770.jpg


VANGUARDのHPより画像を拝借してきました。本来はこの使い方がいいみたいです。
f0197319_13593447.jpg

f0197319_13343272.jpg


僕はボディにEF70-200mmF4を付けた状態で収納できることを優先しているので上記の形になっています。




今回試しに付属のレインカバーを装着してみました。
f0197319_1338196.jpg
急な降雨なんかで役に立ちそうですね(^^)



VANGUARDのアップライズ43、スリングタイプです。
もう1年半ほど使ってますが、小物入れなんかも多くて使いやすいです。
f0197319_13391159.jpg



f0197319_13392160.jpg



f0197319_13385975.jpg



------------------------------------------------------------------------------------------------

後日、また変更してみました。
今度はHPにあるような形にしてみました。
f0197319_12355984.jpg
60D+EF70-200mmF4がギリギリ入ります。
この形だとレンズがもう一個入りますね^^面白いです。
f0197319_1237810.jpg
バッグの横から撮りだせるようになりました。これはこれで便利かなと思います^^









f0197319_13394169.jpg
実際に使ってるの図(笑)
[PR]

by fine88 | 2012-06-28 13:44 | 撮影機材
2012年 06月 04日
箱庭のくじゅう連山
f0197319_21323184.jpg


f0197319_2133624.jpg


f0197319_21314856.jpg


f0197319_21332940.jpg


f0197319_21334449.jpg


f0197319_21373476.jpg


f0197319_21341445.jpg


f0197319_2135308.jpg


f0197319_21354190.jpg


f0197319_21381119.jpg


f0197319_21382349.jpg


f0197319_2139017.jpg


f0197319_21401685.jpg








power shot S95 シーンモード「ジオラマ」
[PR]

by fine88 | 2012-06-04 21:44 | 登山の写真(山の風景)
2012年 05月 31日
孤高に咲く
f0197319_20241465.jpg
鷲ヶ峰をバックにミヤマキリシマ



f0197319_2029029.jpg


f0197319_20245174.jpg


f0197319_2025573.jpg


f0197319_20251783.jpg
【仙酔尾根(通称・馬鹿尾根)にて】

今日は阿蘇の仙酔峡から高岳への尾根を登ってきました。
尾根上部の急な斜面にひっそりと咲くミヤマキリシマ。
数は少なかったけど、荒々しい地形に咲く姿がとっても愛らしかった。

撮影中に濃いガスと雨に降られ山頂には行かずに下山。でも楽しかったです。


さて、尾根上部(高岳の稜線まで20分くらいの高度)のミヤマキリシマはどの株も開花していました。
ということは天狗の舞台のミヤマキリシマの群生ももうそろそろ開花しているのでしょうか。
(今回は確認できませんでした)


f0197319_203551.jpg
スタート地点の仙酔峡がずいぶん下に見えます。

f0197319_20343961.jpg
山上はすでに濃いガスが。

f0197319_20354521.jpg
こんな山の上にひっそりと咲く姿も愛らしい。

f0197319_20554655.jpg


f0197319_20355775.jpg


f0197319_20373648.jpg


たまには自分撮り(笑)
f0197319_20333564.jpg
f0197319_20334585.jpg



power shot S95
[PR]

by fine88 | 2012-05-31 20:45 | 登山の写真(山の風景)
2012年 05月 29日
赤川登山口より扇ヶ鼻山へ。
f0197319_10373845.jpg
27日(日曜)は扇ヶ鼻山のミヤマキリシマの状況を見に赤川登山口から扇ヶ鼻山まで登ってきました。

九重連山のミヤマキリシマは大体6月の10日前後が見ごろとなるんですが、今年はシャクトリムシが多いという話を聞いていたので。

結果からいうと山頂周辺のミヤマキリシマは花芽の付き方がバラバラです^^;
シャクトリムシも所々見かけました。
蕾が付いてる株もあるにはあるのですが、すでに色が褪せていたり蕾もまだない状態の株も結構ありました。
僕はまだ山の経験が浅いのでここからどういう風に開花していくのか、気になるところではあります。
2009年の扇ヶ鼻山のミヤマキリシマは凄かったです。またこのような風景がみたいものですね。

さて少ないですが山行レポです。

赤川登山口を8時50分に出発、久住山との分岐を左に進み扇ヶ鼻山へ。
f0197319_10531667.jpg



樹林帯を40分ほど登ると扇ヶ鼻山が見えてきます。
f0197319_10551497.jpg



肥前ヶ城、久住山もドンと。この角度から見る久住山はめちゃくちゃカッコいい。
f0197319_10553496.jpg


この開けたところは添ガツルと言うそうですね。のんびした素敵が空間です。
f0197319_10575371.jpg


添ガツルのミヤマキリシマは満開の株が結構ありました。
f0197319_1059391.jpg


f0197319_10595312.jpg


阿蘇の涅槃像とミヤマキリシマ。
f0197319_110766.jpg



岩井川岳でしょうか。ここからミヤマキリシマが咲いているのが確認できます。
f0197319_1102138.jpg


添ガツルから扇ヶ鼻を目指してどんどん高度を上げます。

f0197319_1134353.jpg


f0197319_114866.jpg


添ガツルから扇ヶ鼻山頂まではかなりの急登です。
登山道もところどころ崩壊していて黒土で滑るし、ロープもあったりでかなり難儀します^^;
やはり赤川からの登りはきついですね!!
(※必至こいて登ってたんで後半の登山の写真はありません、笑)


10時25分に山頂に着きました。かなりの登山者で賑わっていました^^
f0197319_1163725.jpg


竹田高校登山部。若いっていいな~。
f0197319_1165154.jpg


f0197319_117559.jpg


イワカガミがあちこちに咲いていました。
f0197319_1172380.jpg


扇ヶ鼻山より久住山を見て。山頂に沢山の人が見えます。
f0197319_119980.jpg

僕にとって扇ヶ鼻山は特別な山です。山登りを始めてから最初に登頂したのが扇ヶ鼻です。
そのとき扇ヶ鼻から見る久住山の存在がとっても大きくて・・・「あんなところまで行ける人はどれだけ達人なの??」と思ったものです。
そのときの新鮮な気持ちが蘇ってきました。
f0197319_1192080.jpg

今回も楽々コンデジ山行^^;
しかしどうしても上手く撮れない・・・S95ってこんなものなのかなぁ^^;(自分の腕を棚に上げ)
やはりセンサーサイズの違いは大きいのかな。
[PR]

by fine88 | 2012-05-29 11:15 | 登山の写真(山の風景)
2012年 05月 09日
男池プチトレッキング
f0197319_13315675.jpg


f0197319_133292.jpg
男池で出会える自然の力強さ。
f0197319_1335558.jpg
今回も守り神に会えました^^

f0197319_13322325.jpg
今回は男池からかくし水までプチトレッキング。
時間にして30分、距離は往復で2キロ。しかし急な勾配のところもあります。

f0197319_1333681.jpg
かくし水に着きました。
山からの清流がこんこんと流れていてました。
不思議ですよね、山の中腹にこんな水場があるなんて。

ちなみにかくし水を先に進むとソババッケという黒岳・平冶岳・大船山への分岐点に出ます。

f0197319_13363567.jpg


f0197319_13332433.jpg


f0197319_13333718.jpg
今回活躍したモンベルのベビーキャリー。
これで末っ子を連れてどこでも行けます^^


最近ちょっと体調を崩し気味の嫁さんも、新緑の中をあるいて少しはリフレッシュできたようで良かったです。
[PR]

by fine88 | 2012-05-09 13:43 | 登山の写真(山の風景)


    


ezカウンター