タグ:OLYMPUS E-PM1 ( 7 ) タグの人気記事

2012年 12月 16日
外部ストロボ ニッシンジャパンDi622 MARKⅡ
妹の結婚式に向けて初めて外部ストロボを導入してみました。

購入したのはニッシンジャパンのDi622 MARKⅡです。
ガイドナンバーは44です。
f0197319_17313048.jpg
f0197319_17311883.jpg

本当はCanon純正のEX430Ⅱが欲しかったのですが、年に数回しか使わないであろうストロボに2万半ばは出せないわけで^^;
ちなみにニッシンジャパンDi622は17000円でした。

広角仕様になるワイドパネル、
f0197319_17352057.jpg


そして天井バウンス時にも前方に光を当てる「キャッチライト」が標準で搭載されています。
f0197319_17342685.jpg


さて、では実際に結婚式の披露宴での写真をアップします。
※妹と新郎さんには許可を得て掲載しています。

ちなみにどちらの画像も
EOS60D EF-S18-135mmF3.5-5.6 マニュアル露出 
ISO1600 F5.6 SS 1/125sec 焦点距離47mm
での撮影です。

f0197319_18165740.jpg

この写真はストロボを発光しないで撮影しました。
会場のスポットライトの明かりで撮影はできていますが人肌の写りとかがどうしてもくすんでいるように感じます。


そしてこちらが外部ストロボを天井バウンス発光させて撮影した写真です。
f0197319_18192393.jpg



いかがでしょうか?


人肌などが綺麗に再現されていると感じます。
ISO感度も1600まで上げていますが、ストロボを発光することによりノイズを感じなくなるのは僕だけでしょうか。


もう一つ作例を。

データは60D 18-135mm マニュアル露出 焦点距離64mm ISO感度2000 F5.6 1/100です。

f0197319_18282518.jpg
この写真はストロボ非発光です。RAW現像で明るくしています。
このときはスポットライトもキャンドルサービスの時ほど光は強くなく、会場は暗かったのでISOは2000まであげてます。
RAW現像で持ち上げているのでノイズが乗っていますね^^;まぁ普通ストロボ無しにF5.6で撮影なんて考えないですよね(笑)



全く同じ条件でストロボをバウンス発光した写真です。
f0197319_1852731.jpg

あの暗さでここまで綺麗に撮れるのはビックリしましたね。ちなみにこれはRAW現像時の補正はしていません。
自分が生まれたときと同じ重さのぬいぐるみを・・・そんな感動的な場面をなんとか撮ることができました。

もちろんこの場面ではF2.8などの大口径レンズを使えばISO感度は抑えられるし、ストロボは不要かもしれません。
しかしストロボを発光したときの光の廻り方は本当に綺麗だと実感しました。


披露宴会場の天井の高さは6~7mありましたが、
ISO感度を上げることによりDi622でも十分にカバーできると思います。
あと外部ストロボを使うとホワイトバランスがとても安定しますね。

しかし今回披露宴で使ってみて唯一困ったのが「連写にストロボが追いつかない」という点です。
少ないときは1回のみ、多くても3回までしか発光されません。
一瞬のシャッターチャンスが大事な場面では本当に困りました(^^;)

Twitterでカメラに詳しい方に教えて頂いたのですが、発光の回数は露出、レンズのF値などで左右されるそうです。
例えば明るいレンズで絞り開放だと、一発当たりの発光量は少なく、連写が効くとのことです。
この辺りはガイドナンバーの計算方法と合わせて今後しっかり勉強していきたいと思います。

あ、それとニッシンジャパンさんに電話して聞いてみたのですが、連写に関してはバッテリーが効果があるとのことです。
テストした結果、エネループが一番発光回数が多かったとのことです。もっと早く知ってればよかった(笑)
僕はアルカリ乾電池で撮影しましたが、電池のパワーは大きなファクターとなりうるようですね。

自宅でも室内で子供を撮影するのにストロボを数回使いましたが本当に綺麗に撮れます。
「室内用に明るい単焦点を」という選択もありますが、僕は18-55mmなどの標準レンズに外部ストロボの方が綺麗な写真が撮れると思います。
一家に一台、外部ストロボいかがでしょうか?
あ、最近話題のステマではありませんからね(笑)


長文になりましたが、ストロボ初心者としての簡単なレポートとさせていただきます(^^)

※Di622MARKⅡを使ってみて「ストロボは大は小を兼ねる」というのは本当ですね。
余裕があるのでしたらCanon純正のEX580Ⅱをオススメしておきます。
[PR]

by fine88 | 2012-12-16 18:10 | 撮影機材
2012年 11月 08日
栄枯盛衰
f0197319_14375052.jpg



f0197319_14381452.jpg



f0197319_1438477.jpg

阿蘇の仙酔峡ロープウェイの東火口駅です。
ロープウェイが丸2年以上運休しているのでこの駅も使われることなく佇んでいます。

ミヤマキリシマの時期は沢山の観光客を運搬してきたこのロープウェイ。
また再開する日はくるのでしょうか。
[PR]

by fine88 | 2012-11-08 14:43 | 風景写真
2012年 10月 26日
ドラマチックなドラフト
f0197319_12335132.jpg

【オリンパス・ドラマチックトーン】

f0197319_12311610.jpg
阿蘇・モーモーファーム竹原牧場にて



ドラマチックと言えば(凄いこじつけ、笑)昨日はドラフト会議が行われましたね^^
毎年このドラフトでは様々なドラマが起ります。それはホントに悲喜こもごも・・・。
希望の球団に行ける人も居れば、そうでない人も居る。
プロになる夢を叶えて期待に胸膨らませる人もいる。

そんな背景があるからこそ、プロ野球もよりドラマチックに見ることができるのでしょう。
[PR]

by fine88 | 2012-10-26 13:08 | スナップ写真
2012年 10月 11日
阿蘇・高岳に登る。
f0197319_1337715.jpg
【Canon powershot S95】

10月7日(日)に阿蘇・高岳に登ってきました。

高岳へは仙酔峡から仙酔尾根(通称・馬鹿尾根)を登りました。

仙酔峡から高岳の稜線まで650mの急な登り。

本当にきつい登りですが振り向けば阿蘇の町並み、大自然が疲れを癒してくれて素晴らしい尾根歩きができます。

f0197319_13405913.jpg



f0197319_1341043.jpg
今回同行した後輩。若いから足も軽い^^

f0197319_13415673.jpg
虎ヶ峰・鷲ヶ峰がカッコいい!!



f0197319_13422124.jpg



f0197319_1343792.jpg
スタート地点の仙酔峡があんな遠くに!ずいぶん登ってきました(^^)

f0197319_13432690.jpg



f0197319_1345233.jpg



f0197319_13491484.jpg



f0197319_13433826.jpg
稜線までもうちょい!


f0197319_13435169.jpg
稜線に上がる!


f0197319_134422.jpg
はぁ~疲れた(笑)


f0197319_13574453.jpg



f0197319_13462466.jpg
東峰は生憎ガスの中でした。


f0197319_13472029.jpg
高岳山頂^^


f0197319_13481377.jpg
山頂で昼ごはん。山頂どん兵衛。


f0197319_13495336.jpg
さぁ、ここから中岳までは最高の稜線歩きです^^


f0197319_1350832.jpg



f0197319_13513999.jpg



f0197319_13532051.jpg
中岳山頂!


ここからはロープウェイ乗り場を経由して仙酔峡まで下山しました。


久しぶりに登った高岳・中岳。
稜線歩きはまさに天空を歩いているかのよう。
のんびり歩くことができました(^^)
[PR]

by fine88 | 2012-10-11 13:58 | 登山の写真(山の風景)
2012年 07月 25日
OLYMPUS Viewer 2で遊んでみる①
オリンパスのお家芸でもある「アートフィルター」
これを楽しみたくてオリンパス機を買う人も多いのではないでしょうか。

今回はその中でも一番人気?な「ドラマチックトーン」で遊んでみようと思います。
使うソフトはE-PM1に付属しているOLYMPUS Viewer2です。
ちなみに未だに全く使いこなせてません^^;CanonDPPに慣れているので他社ソフトがこんなにも使いにくいものかと実感しています^^;
編集は比較的簡単なのですが、サムネイルの並びや保存の際の使い勝手がどうも面倒くさいような^^;
f0197319_1339127.png
ちなみにRAW現像は1枚10秒前後です(core i3)



f0197319_1349525.jpg
これは元画像のRAWファイルです。何の変哲もない風景です(笑)


前にも書きましたが、E-PM1はRAWで撮影することで後加工にてアートフィルターをかけることができます。
f0197319_13555989.jpg
上の画僧にアートフィルターをかけてみまるとこのようになります。印象が一気に変わりますね。
ただこの時点で僕がイメージしているようなドラマチックトーンではありませんでした。
なんというか、効果が強すぎるという印象です。
これがドラマチックトーンの持ち味と言えばそうなんですが、ちょっとドギツイ画像になっています。

そこでネットで色々と調べていると同じようにデフォルトのドラマチックトーンに違和感を感じているユーザーがいました。
その方はRAW現像のときに露出を極端に補正することで、自分のイメージ通りのドラマチックトーンに仕上げていました。


そこで僕も露出を-1.7EVしてみると・・・
f0197319_1356963.jpg
うん、この方が僕のイメージしていたドラマチックトーンに近いです。全体的にコントラストが若干弱くなったようでスッキリ感があります。
ドラマチックトーンの詳しいアルゴリズムは分からないのですが、僕の好みとしてはコントラストが強すぎるよりもHDRな雰囲気を優先した方が好きですね^^

二つの画像を見比べてみていかがでしょうか??
これは人それぞれ好みが分かれるところですね。

f0197319_13561855.jpg
これは更に上の画像に「フレーム効果」をつけてみました。
なんかフレームが入ることによって物語の中の一場面のような雰囲気になりますね^^
E-PM1の場合、RAW現像時のみこのフレームをつけることができますす。JPEGファイルには対応していません^^;

ちなみにE-PM1で撮影するときに最初からドラマチックトーンで撮影すると「RAW+L(JPEG)」の2枚のファイルとして記録されます。
JPEGファイルはアートフィルター効果が効いてるファイル、RAWファイルはフィルター加工が効いていない生ファイルとして記録されています。
なのでフレームを付けない場合はJPEGを選択すればいいですし、フレームを付けたければRAWファイルからドラマチックトーン+フレーム効果を付ければ上記のような画像にすることができます。


また次回、アートフィルターで色々と遊んでみようと思います^^
[PR]

by fine88 | 2012-07-25 16:53 | 撮影機材
2012年 07月 18日
E-PM1で撮る阿蘇の風景②
f0197319_17332823.jpg
アートフィルター「クロスプロセス」


f0197319_17343261.jpg
アートフィルター「ドラマチックトーン」


f0197319_17355962.jpg



f0197319_17362013.jpg



f0197319_1735794.jpg



f0197319_17351940.jpg



f0197319_17353892.jpg



f0197319_17364641.jpg
アートフィルター「デイドリーム」


f0197319_17372282.jpg
アートフィルター「ファンタジックフォーカス」


フレームを付けたときの白い余白はなんとかならんかな?(笑)
[PR]

by fine88 | 2012-07-18 17:38 | 風景写真
2012年 07月 17日
E-PM1で撮る阿蘇の風景①
f0197319_13403174.jpg



f0197319_13405648.jpg
OLYMPUS E-PM1 アートフィルター「ドラマチックトーン」に「アートフレーム効果」を追加。

E-PM1での楽しみの一つが「アートフィルター」です。
RAWで撮った画像に色々なエフェクトをかけることができます。
PM1はPENのなかでも一番下のグレードなのでボディ内蔵のアートフィルターの数は少ないですが、
RAWで撮ればほぼ全てのアートフィルターを使うことができます(^-^)


熊本の水害のその後ですが、白川はあの日が嘘のような穏やかな流れになっています。
しかし未だに通行できない橋があったり、阿蘇方面に至ってはミルクロードから一の宮方面は全面通行止めになっています。
まだ復旧にはしばらく時間がかかりそうです。
[PR]

by fine88 | 2012-07-17 13:48 | 風景写真


    


ezカウンター