2011年 11月 29日
日向ぼっこ
f0197319_1124599.jpg
【別府アフリカンサファリにて】
リスザルがとっても可愛かったです♪
餌としてのミルワームを手のひらに乗せて近づけるとヒョイと取って食べます。
そのときにリスザルの手が柔らかくて^^癒されました。

------------------------------------------
EOS Kiss X4
EF-S18-135mmF3.5-5.6 IS
------------------------------------------

当ブログを少しだけ志向を変えて、これからたまにではありますが写真とともに普段僕が思っていることなどを書いていこうと思います(^^ゞ
その場合、写真と本文は関係ないことが多いですが、どうぞご了承くださいませ^^;

さて、最初は大好きなスポーツから。大相撲について。

稀勢の里の大関昇進ですが、僕が思うに千秋楽の取組前に大関昇進が事実上決まってしまったのは残念でした^^;
やっぱり「千秋楽で勝ったら大関!」っていう条件が良かったのではないかな、と。
そのときのプレッシャーはそれは相当なものなのでしょうが、最終日の稀勢の里の負けた後の悔しがり方を見ると、
先に昇進が決まっていたが為に逆に良い相撲を取ろうと力んでしまったように感じました。

相撲ファンとしては大関が誕生するのは嬉しいのですが、勝ち越しが精いっぱいの大関にはなって欲しくないですし、
稀勢の里には横綱としての期待もあるでしょうから頑張って欲しいです。
[PR]

by fine88 | 2011-11-29 11:35 | スナップ写真 | Comments(2)
Commented by hot_coke at 2011-11-30 21:21
九州場所の、あの空席っぷりを見て、協会も焦ったのでしょうね。
稀勢の里大関昇進に、なかば協会の今後を賭けた感じでしょうか?
しかし、千秋楽の取り組みを待たずに決めたのは、お粗末という感じ。
更に、当人は千秋楽でライバル琴奨菊に完敗ですしね。
いや、もう一場所様子を見るのが当然だと思いますけどね~。
ここ数日の報道を見ていると、稀勢の里自身が一番困惑している、そんな感じがします。
Commented by fine88 at 2011-11-30 22:40
今日の昇進の口上もなんだかあっさりした感じで本人も納得はいってない感じではありますね(^_^;)
相撲協会としては興行面からしても日本人横綱誕生は一番の願いでしょうし、今回は甘めの査定ってとこでしょうね。
しかし千秋楽で勝ったら大関って条件でやらせてあげたかったです。
昔の相撲人気を羨んでも仕方ないので、これからの人気復活に期待ですね。


<< 金色の空      登山レポ 俵山 >>


ezカウンター